A-1 Pictures制作でアニメ化 (C)中山幸・芳文社/ブレンド・S製作委員会

写真拡大

 中山幸氏が「まんがタイムきららキャラット」(芳文社刊)で連載中の4コマ漫画「ブレンド・S」がテレビアニメ化され、10月から放送を開始することが決定した。あわせてアニメ版公式サイトと公式Twitterアカウントがオープンし、主人公の桜ノ宮苺香(さくらのみやまいか)と、メインキャラクターである日向夏帆、星川麻冬らを描いたアニメ版キービジュアルが公開されている。

 同作は、ツンデレや妹など、従業員のさまざまな「属性」を楽しめる喫茶店・スティーレを舞台に、ウェイトレスたちの日々を描く物語。生来の目付きの悪さが災いしてか、なかなかアルバイトに採用されずに困っていた苺香は、スティーレのオーナー兼店長・ディーノに素質を見出され、晴れて同店のウェイトレスとして勤務することになる。はからずも「ドS」属性を望まれてしまった苺香は、客をさげすむことに戸惑いながらも、次第にその才能を開花させていく。

 また、アニメ版の制作に携わるメインスタッフも発表された。テレビアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」に助監督として参加した益山亮司が初監督を務め、キャラクターデザインを「ご注文はうさぎですか?」の奥田陽介、シリーズ構成を「帰宅部活動記録」の雑破業が担当する。アニメーション制作は、「WORKING!!」や放送中の「冴えない彼女の育て方」などを手がけるA-1 Picturesが行う。