みうらじゅん

写真拡大

11日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、みうらじゅんが、「覚せい剤」の呼称について持論を展開する場面があった。

番組では「松本人志と有名人が斬るニュース」で、俳優・橋爪功の息子・橋爪遼が、覚せい剤取締法違反で逮捕された事件を取り上げた。

その中でみうらは、覚せい剤という言葉に注目し「悪の言葉ってカッコいいんですよ」「よく『覚せいした!』って出てくるじゃないですか、カッコいい言葉として」と指摘する。

そのうえで、みうらは「今日からでいいから、そういう悪いヤツはとりあえず『おならプープー』って言うね」「おならプープー剤…、これマジで言ってるんですよ」「『おならプープー剤』っていう名前に今日からして、新聞もマスコミも全員言ったら、(覚せい剤を)やらないんですよ。バカらしくて」と力説したのだ。

ほかの出演者から笑いが起きる中、番組MCの東野幸治が「マジで言ってるんでしょ?」と確認すると、みうらは「マジで言ってる」と主張。南海キャンディーズの山里亮太が「マジで言ってるからこそ、大人がちゃんと怒ったほうがいい」と、みうらの主張にツッコミを入れると、スタジオでは大きな笑いが起き、松本人志も大ウケした。

一方で、 モーリー・ロバートソンは「『暴走族』が『珍走団』になった瞬間に下がった」と、恥ずかしいネーミングにすることの効果はあると指摘したが、ここでみうらは「でもそれは弱い」「『おならプープー族』にしないと絶対ダメだって言ってるのにぃ〜」「誰も変えないの…」と嘆いて、笑いを誘っていた。

【関連記事】
みうらじゅん 警察官に痴漢の疑いをかけられた過去「犯人連れてきたから!」
フィフィが橋爪功親子に関する報道の矛盾を指摘「違和感がある」
橋爪遼容疑者のニュースに勝間和代氏が苦言「有名人の息子だけ報道する」