コーリー・ホーキンズ

写真拡大

人気アクションドラマ『24 -TWENTY FOUR-』のリブート版『24:レガシー』で主演を務めたコーリー・ホーキンズが、『ウォーキング・デッド』に再登場する可能性があるようだ。米TV GUIDEが報じている。

『ウォーキング・デッド』で、コーリー演じるヒースはシーズン6から2シーズンにわたって登場し、シーズン7の第6話を最後に姿を消している。彼が生きているのか、命を落としたのかどうかは劇中では語られていない。コーリーが本作を降板したのは、『24:レガシー』もしくはブロードウェイの舞台『私に近い6人の他人』に出演するためだったようだが、先日米FOXが『24:レガシー』の打ち切りを発表。これを受けてスケジュールの都合がつけば、コーリーが再び『ウォーキング・デッド』に、ヒース役で帰ってくる可能性は十分あるのではないかと見られている。

すでにシーズン8は撮影がスタートしており、コーリーは7月16日(日)まで『私に近い6人の他人』に登板するため、もしヒースが復活することになれば、新シーズンの後半ということになる。コーリーの続投に関して、彼の代理人とシリーズ放送局のAMCはコメントを控えているが、『24:レガシー』がキャンセルになってしまったこともあり、彼のファンは『ウォーキング・デッド』への再出演を期待したいところではないだろうか。

コーリーがカムバックするのか気になる『ウォーキング・デッド』シーズン8は、AMCにて今秋に放送スタート予定。(海外ドラマNAVI)