視点を変えるのがコツ!?自分の魅力をよりアピールできる4つの方法とは?

写真拡大

【相談者:20代女性】
大学時代のサークルのメンバーに好きな彼がいて、いつか告白しようと思っています。
自分のことをもっと知ってもらいたい。
告白するために、彼に自分をアピールしたい。

自分のことをもっと良く見せる方法ってあるんでしょうか?

●自分アピールに欠かせないポイントは「視点・論点」を変えること

ご質問ありがとうございます。
人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

好きな人にアプローチしたいとき、自分をどんどんアピールしたいですよね。
自分のことは周りの誰よりも良く感じてもらいたいし、魅力はたっぷりと知ってもらいたい。誰しもが望むことです。

ただし気をつけなければならない点があります。
真っ向からアピールしてしまうと、強引な印象を与えてしまったり、自慢・嫌味として受け取られたりするリスクがあるのです。
捉え方次第では、「私ってこんなにすごいんですよ」「私っていい女なんですよ」と公言しているようなもの。
そうなっては、アピールも逆効果に終わってしまいます。

『自慢はNG?自分をよく見せる方法について学ぶ。性格の一致した結婚相手と結ばれる婚活サイト エンジェル』では、自己アピールに自慢はNGと語られています。
そして、とにかく視点・論点をずらすことが重要 とも言われています。

視点・論点をずらす?
いまいち理解できない人もいることでしょう。

ここでは、『自慢はNG?自分をよく見せる方法について学ぶ。性格の一致した結婚相手と結ばれる婚活サイト エンジェル』を参考に、視点・論点をうまくずらしながら、意中の人にしっかりと自己アピールできる方法を解説します。

●(1)友だちを使って良い評判を伝える

仮に直接Aさんが「私ってめちゃくちゃ性格がいいの」と言ってきた場合、あなたならどう感じるでしょうか。
一方、友人であるBさんの口から「Aさんってめちゃくちゃ性格いいよ」と伝えられた場合、どのように感じるでしょうか。

Aさんに対するイメージとしては、後者のほうが圧倒的に好印象ですよね。
好きな人に自分の魅力をアピールするためには、周りにいる友だちをうまく使うこと がポイントなのです。

好きな人に自分から自己アピールをしてしまうと、前者のように嫌味に映ってしまいます。
一方、後者のように友だちを通じてアピールの言葉を響かせると、第三者からの評価である点がより信憑性と信頼性を増し、結果として好印象へとつながっていくのです。

自分の良い部分を好きな人に伝えたいときは、自分の視点ではなく友だちの視点から伝えてもらうようにしましょう。

●(2)友だちに服装チェックをしてもらう

自分を良く見せるために、服装は重要なアイテム。
トレンドのファッションに身を包み、気になる彼からかわいいと思ってもらいたいものですよね。

しかし、服選びで気をつけなければならないポイントがひとつあります。
それは、自分が似合っていると思い込んでいるコーディネートに固執しないこと 。

自分の好きなコーディネートは、あくまで自分視点。
自分の評価として、似合っていると思い込んでいるに過ぎないのです。
その感覚が第三者の評価と同じとは限りません、ここがポイントなのです。

要するに、好きな服と似合う服が同じではないということ。
他人からより良く見てもらうためには、服選びにも他人の視点が必要不可欠なのです。
友だちに服装チェックしてもらったり、友だちと一緒に服を買いに行ったりして、自分が最も映える服装を選んでもらう ようにしましょう。

自分がいいと感じるコーディネートを、気になる彼にアピールするのではなく、周りのみんなからお墨付きのスタイルを彼にも見てもらうことが重要なのです。