阿里巴巴(アリババ)集団はこのほどグローバル投資家大会を開催し、世界の機関投資家やアナリストら350人に向けてアリババの発展戦略を詳しく紹介した。市場の予想を上回る新財政年度の収入予想などのデータが市場に積極的な反応を引き起こし、アリババの株価は一日の間に13%上昇と大幅に上昇し、一気に騰訊(テンセント)を超えてアジア市場で時価総額最高の企業になった。北京日報が伝えた。

アリババが同日、2018年度の収入予想区間を45〜49%と発表すると、会場にいた投資家やアナリストから驚嘆の声が上がった。市場の分析予測は36〜38%で、これをはるかに上回ったからだ。積極的な業績予想の背後には、ECプラットフォームから新小売プラットフォームへの全面的なバージョンアップを目指す努力がある。現在、アリババはスーパーチェーンを運営する聯華超市股[イ分]有限公司に出資して、2番目の株主になった。これまでアリババはオンラインとオフラインとの融合で投資を行い、蘇寧、銀泰、百聯、三江、日日順など各社を巻き込んだ数十件のプロジェクトを進めてきた。

アリババの馬雲会長は投資家の「アリババは新小売をどのように理解しているか」との質問に対し、「新小売の革新は消費者に商品を販売するモデルから消費者にサービスを提供するモデルへの転換にある」と指摘し、「オンラインとオフラインのすべての関係者が同じ方向を向いて努力すること、すなわち消費者を楽しませることが必要だ」と述べた。これはアリババが業界で率先して「新小売」を打ち出した後、産業全体を席巻したこの用語に初めて与えたわかりやすい解釈でもある。馬会長は、「ネット通販は今、中国の社会消費財小売総額の15%を占めるに過ぎず、オフラインの85%を占める従来型小売企業と協力できれば、win-winの結果に結びつく。最も重要なことは、消費者がより質の高い体験とサービスを享受できるようになることだ」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)