二階氏(左)と会談する文大統領=12日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、青瓦台(大統領府)で安倍晋三首相の特使として来韓した自民党の二階俊博幹事長らと会談し、両国関係について、「難しい問題がないとはえいないが、このような問題を直視しつつ、より実用的なアプローチで韓日関係が未来志向のパートナー関係に発展していくことを望む」と述べた。

 文大統領は「安倍首相と両国関係発展のため、多くのことができるという信頼ができた」と表明。「新政権が発足してから1カ月ほど経つが、安倍首相と2回電話会談し、文喜相(ムン・ヒサン)特使と丁世均(チョン・セギュン)国会議長が日本を訪れ、二階特使が訪問し、両国関係の流れが非常に良いと思う」との認識を示した。
 二階氏は「(2回の電話会談を行ったことは)日本国民皆が知っている」として、「そのことによって日本と韓国の距離が2本の電話で縮まったと思う」と応じた。
 また、「韓国の繁栄、日本の繁栄のために、両国の心ある政治家が協力し合わなければならない」と指摘。「(文大統領が就任してから)このような短い期間に韓国を訪問することができたのは我々自身も幸運に思うが、同時に韓国と日本の距離を縮めていく上において大変タイムリーであり、良いチャンスが訪れたと思っている」と述べた。
kimchiboxs@yna.co.kr