振り回したいワケじゃない!脈ありなのに告白してこない男性の本音と攻略法4つ

写真拡大

【相談者:20代女性】
数か月ほど前に知り合い、頻繁に電話やデートをする仲になった男性がいます。
端から見たら普通のカップルに見えているんじゃないかと思うほど、彼とはイイ感じです。
たまに私のことを好きっぽい発言もしてくれます。

ただ、なかなかそれ以上の関係にならず、彼の方から告白する素振りも一切見せてはくれません。
絶対に脈ありだと思うのですが、告白されないのには何か理由があるのでしょうか。

●告白を先延ばしにしてしまうのには、男性なりの思いや考えがあるのです。

ご質問ありがとうございます。
コラムニストのLISAです。

頻繁に連絡やお誘いをくれたり、言動から好意が伝わってきたりするなど、男性からわかりやすいアプローチをされると脈ありであることにも確信が持てます。
とはいえ、そこから関係が進展せず彼の方から告白する素振りも見せてこないようだと、たちまち焦りや不安を感じるのではないでしょうか。

しかし、何も彼らは告白するつもりがないわけではありません。
気持ちを伝えたいという思いはあるものの、様々な理由から告白を踏み切れずにいるのです。

そこで今回は、男性の方々から告白を先延ばしにしてしまう理由について聞いてきました。
その話に基づき、脈ありなのに告白してこない男性の本音と攻略法についてご紹介いたします。

●(1)交際への期待より振られる不安の方が勝っている

『たとえ相手も脈ありだとわかっていても、振られる可能性が1%でもあるとなかなか告白に踏み切れないかも。自分は結構マイナス思考なので、恋愛でも成功より失敗ばかりをイメージしてしまうんです』(25歳/営業)

物事を後ろ向きに考えがちな人は、何かに挑戦するとき成功よりも失敗を強くイメージします。
たとえ成功率が高い告白であっても、そこに1%でも失敗の可能性があると途端に自信をなくしてしまう のです。

攻略法:態度で彼への好意を伝えて確信を持たせる

普段から後ろ向きの言動が目立つ男性は、失敗することを強く恐れます。
そんな彼から告白してもらうためには、言葉だけでなく態度でも好意を伝え、「絶対に失敗はない」と確信を持たせる必要があるのです。
彼との前では心から楽しそうな様子を見せ、隠さずに好意を伝える努力をしましょう。

●(2)過去の恋愛の失敗からブレーキをかけている

『あまり恋愛に良い思い出がないからかな。気になる子ができても「どうせ俺なんて……」と悲観的になってしまう。また失敗して傷つくくらいなら、無理に今の関係を変える必要もないかなと自分でブレーキをかけてしまう』(33歳/SE)

年齢を重ねるにつれ、過去の恋愛経験から自分の気持ちにブレーキをかけてしまう人もいます。
「また昔のように傷つきたくない」という恐怖心から、思いきった行動ができない人も珍しくはないのです。

攻略法:彼の長所を引き出して自信をつけさせる

過去の恋愛で様々な失敗を経験してきた男性は、自分に自信を持てずにいます。
そんな彼に告白を決意させるには、本人も気づいていない長所をたくさん引き出し、今の自分に自信を持たせてあげる ことが重要なのです。
そのためにも彼の長所をたくさん引き出し、失われた自信を取り戻すお手伝いをしてあげましょう。

●(3)交際後までを想像して慎重に相手を見極めている

『この年になると「好みだから」とか「気になるから」だけでは告白できない。本当に長く一緒にいられる相手かを見極めたうえで告白して付き合いたい。昔と違ってどうしても慎重になってしまうんですよね』(31歳/調理士)

何事に対しても慎重な男性だと、ただ「好き」という気持ちだけでは交際に踏み切れない場合もあります。