オーディオテクニカは、「原音再生」や「高解像度」をコンセプトとした「Sound Reality series」より、シリーズ初のBluetoothイヤホン3機種を6月23日に発売します。実売予想価格は、「ATH-CKR75BT」が1万5000円前後、「ATH-CKR55BT」が1万円前後、「ATH-CKR35BT」が6000円前後(いずれも税抜)。

↑ATH-CKR75BT(ガンメタリック)

 

「音本来の豊かさ」を追求するため、全機種がiPhoneなどに採用されるBluetoothの高音質コーデックAACに対応。また、上位2機種は、Android端末などに採用されているaptXコーデックにも対応しており、ワイヤレスでも質の高いサウンドが楽しめます。

 

また、3機種ともバッテリーとヘッドホンを別にしたシンプルなデザインにより、ヘッドホン部の小型化と装着感の向上を図っていることが特徴。付属のクリップでバッテリーケースを固定すれば、襟元から製品がずれにくく快適に使用できます。

↑装着イメージ

 

「ATH-CKR75BT」は、精密設計により音の純度を高めた11.8mmドライバーを採用し、レスポンスに優れた高解像度再生が特徴。強靭なアルミニウムハウジングにより、不要共振を抑えてクリアな音質を実現しています。

 

耳元で音楽・動画、通話の操作ができるインラインコントローラー付き。内蔵バッテリーにより連続7時間の音楽再生が可能です。充電時間は約3時間。

↑カラーはグラファイトブラック、シャンパンゴールド、ガンメタリック、ブリリアントレッドの4色

 

ミドルクラスの「ATH-CKR55BT」は、耳の小さな人でもフィットするコンパクトサイズの10.7mmドライバーを搭載。制振性を高めて高解像度再生を実現する真鍮スタビライザーも備えています。連続再生時間は約7時間。充電時間は約3時間。

↑カラーはスティールブラック、ディープブルー、シャンパンゴールド、ブリリアントレッドの4色

 

エントリーモデルの「ATH-CKR35BT」は、ミニマルデザインの9.8mmドライバーを搭載。高性能を凝縮したドライバーで、心地よいクリアな中高域を再生します。連続再生時間は約7時間。充電時間は約3時間。

↑カラーはブラック、ブルーゴールド、ピンク、レッド、シルバーの6色

 

高精細なサウンドと軽快な装着感を両立したSound Reality seriesのワイヤレスイヤホン。自分好みのモデルを探して、通勤や通学のお供として使ってみてはいかがでしょうか。