小学館(画像、左)が新星出版社(画像、右)に販売停止を申し入れ

写真拡大

小学館は、新星出版社が2017年5月に刊行した「やせるおかずの作りおき かんたん177レシピ」に対して、6月9日付で販売停止などを申し入れた。6月12日に発表した。

小学館の「やせるおかず 作りおき」(やせおかシリーズ、小学館ムック)のタイトルや表紙のデザインが、新星出版社の「やせるおかずの作りおき」と酷似しているという。タイトルで違うのは「の」があるか、ないかくらいだ。

誤解を招かないために......

小学館によると、新星出版社の外見は小学館ムックよりひとまわり大きいものの、タイトルはほぼ同じで、カバーデザインは写真の素材や文字の置き方(タイトルが縦書きであることなど)、色使いに至るまで酷似していると指摘。しかし、その内容は「糖質オフ」「カロリー制限」など従来のダイエット食の手法によるレシピ紹介であり、小学館の「『やせおかシリーズ 』とは、まったく異なるものです」と主張している。

書店の店頭では、小学館ムックと新星出版社が併存。ネット書店でも、同じ種類の書籍として「やせるおかず 作りおき」の表記で紹介されるなど、小学館は「弊社ムックをお求めのお客様が、意図せず新星出版社の書籍を購入してしまうなど、無用の誤解が生じる事態が強く危惧されると同時に、『やせおか』シリーズの著者及び弊社の利益を著しく侵害するおそれがあると判断しました」としている。

小学館の「やせおか」シリーズ(柳澤英子著)は、2015年1月から17年4月までに6冊を刊行するほど、「料理・グルメ」本のジャンルでは人気を呼んでいる。