『殺人を無罪にする方法』

写真拡大

人気法廷ドラマ『殺人を無罪にする方法』で、フランク役を演じるチャーリー・ウェバー(『新ビバリーヒルズ青春白書』)とボニー役のライザ・ウェイル(『ギルモア・ガールズ』)が交際していることが明らかとなった。米Peopleが報じている。

(この記事は『殺人を無罪にする方法』シーズン3のネタばれを含みます)

同サイトが、チャーリーの代理人にライザとの関係について確認を取ったところ、二人が昨年の夏から交際をスタートさせたと認めたとのこと。今月初め、ロサンゼルスで二人が手に手を取って歩く姿が目撃され、チャーリーとライザが恋人関係にあるのではないかと囁かれていた。

2016年4月にライザは、『プリズン・ブレイク』のポール・ケラーマン捜査官役で知られるポール・アデルスタインと、9年にわたる結婚生活に終止符を打っている。対するチャーリーは、2015年4月に結婚した長年の恋人と約9ヶ月後に離婚。お互いがパートナーと破局した後に、二人の距離が近づき交際に発展したと伝えられている。

『殺人を無罪にする方法』のシーズン3では、フランクとボニーが男女の関係になるシーンも登場。そんなフランクとボニーの関係について、ライザは「ボニーとフランクの関係には、様々なカラーが存在すると思うの。二人の間には、今まで描かれなかったような傷つきやすさが現れているし、これからは、フランクがボニーを捨てたことで破壊的な感情や失望、羞恥心が表面に浮かび上がって来ると思うわ」と語っている。

交際が明らかとなったチャーリーとライザが出演する本作は、シーズン4への更新が決定している。(海外ドラマNAVI)