就活スタイル編集部

写真拡大

「お祈り」「NNT」など、就活中には企業や就活の選考過程などを表す造語の「就活用語」がよく使われますよね。ネット上でもよく目にする「就活用語」ですが、実際に使っていたという人はどのくらいいるのでしょうか。今回は就活経験者の社会人に、就活中に実際よく使っていた就活用語について聞いてみました。

■あなたが就活をする際、実際によく使っていた就活用語はどれですか?

面接で「自分を動物で例えると何?」と聞かれたら、なんて答える? 「あなたを動物で例えると」診断

第1位 お祈り・サイレントお祈り 40人(24.8%)
第2位 NNT(無い内定) 22人(13.7%)
第3位 持ち駒 17人(10.6%)
第4位 オワハラ 9人(5.6%)
第5位 就活ラブ 9人(5.6%)

●第1位 お祈り・サイレントお祈り

・エントリーシートがダメだったときによく聞いていた(女性/25歳/情報・IT)
・友達と就活の話になると絶対に出てくる言葉だった(男性/25歳/医薬品・化粧品)
・面接に落ちたときに、お祈りメールをもらっていたので(男性/28歳/情報・IT)
・選考に通過しなければ連絡がないということはザラだから(男性/27歳/運輸・倉庫)

●第2位 NNT(無い内定)

・お互いにモチベーションを高めあって落ち込んでいるときに励まし合えるから(女性/32歳/その他)
・しかるべき資格を持っていても内定が遠かったから(男性/29歳/学校・教育関連)
・よく使っていた。その言葉を使うことが就活生っぽかったから(男性/22歳/建設・土木)
・ネットでよく聞く言葉だったから(男性/28歳/農林・水産)

●第3位 持ち駒

・持ち駒が何個かはよく話した(男性/30歳/運輸・倉庫)
・「持ち駒」はよく使う。それを考えてシミュレーションができた(男性/28歳/団体・公益法人・官公庁)
・持ち駒という言葉を使うことによって、みんなの団結力が強まった(男性/34歳/機械・精密機器)
・友人との話でまず報告するものだったから(女性/26歳/団体・公益法人・官公庁)

「お祈り」や「サイレントお祈り」を使ったことがあるという人が、調査では2割以上に及びました。就活への期待と難しさを感じさせますね。

単に便利な用語だったから使ったという人もいれば、就活生っぽくておしゃれだったという回答も見受けられました。ネット上の言葉のようなイメージもありますが、実際に就活用語と多用している人もいるようです。就活用語は就活生同士、共通意識が生まれるツールでもあるので知っておくだけでも、会話のきっかけになるかもしれませんね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年6月
調査人数:就活を経験した5年目までの男女161人