6月10日(土)、映画『逆光の頃』完成披露上映会が新宿シネマカリテにて行われ、高杉真宙さん、葵わかなさんらが登壇しました。



出典:Nosh

『逆光の頃』は異才のマンガ家・タナカカツキさんの同名作の映画化。

京都生まれの京都育ち、高校2年生・赤田考豊(高杉さん)の思春期ならではの同級生との別れや喧嘩、幼馴染みこと(葵さん)との恋などが、純度高く紡がれます。

高杉さんは、「京都に入る時間が長くて、最初は観光しにきた男の子だと言われていたんですけど、なじんでいくうちに現地の子になってきたねって。清水尋也と葵さんと、京都で青春できて楽しかったです。自分の学生時代とすり替わっているくらい!」と、充実の撮影を振り返ります。

共演の葵さんは、この日、緑を基調とした清楚なロングスカート姿で登場。

高杉さんたちとの共演について「本当に同級生みたいな感じでした」と楽しそうに笑顔を見せつつ、小林啓一監督については「いい意味で、しつこいかなって(笑)。本当に何度も何度もやる監督なんです」と言うと、小林監督は「そんなに厳しくないと思うんだよなあ……」と苦笑い。

高杉さんは「厳しい」にはうなずいたものの、「厳しいのも作品(の完成度)をここまでいきたいというのがあるからこそ。僕たちもそこに向かいたいと思うから、厳しいにマイナスはないです。僕自身、ポジティブでうれしい限りの作品だなって」と、『ぼんとリンちゃん』以来、二度目のタッグとなった小林監督への信頼を熱く語ると、小林監督も「ありがとう……!」と感無量の表情でした。

作品内で、高杉さんはずぶ濡れになりながら、殴り合いをするという衝撃のシーンもあります。

高杉さんは「殴られているだけだったので(笑)。自分がやることによって、ヘタレ感はすごい出てよかったなって」と話していました。

Noshでは、主演の高杉さんに単独インタビューも行いましたので、あわせて公開を楽しみにしていてくださいね♡

『逆光の頃』は7月8日(土)より全国ロードショーです!

【関連記事】

※ ディーン・フジオカ、プロポーズは「勢いで…」

※ 渡辺直美主演「カンナさーん!」夫役に要潤の出演が決定

※ 伊藤英明が告白「やめようと思った」野村周平のイジリも炸裂!

※ 本物・藤原竜也が自称・藤原竜也と対峙!?

※ 玉山鉄二「本当に割に合わない」ギャラ事情にボヤキ節