2016年の日本公開後にアジア各国でも大ヒットした映画「君の名は。」の世界観をイメージした期間限定ストア『君の名は。POP UP STORE』が、香港の大型ショッピング施設「POPCORN(ポップコーン)」内イベントスペースにオープンする。

写真拡大

 2016年の日本公開後にアジア各国でも大ヒットした映画「君の名は。」(中国語タイトルは「你的名字。」)の世界観をイメージした期間限定ストア『君の名は。POP UP STORE』が、香港の大型ショッピング施設「POPCORN(ポップコーン)」内イベントスペースにオープンする。
 
 開催場所となるのは、アジアのトレンド発信地である香港で、近年開発が進んでいる大規模ニュータウン・将軍澳(しょうぐんおう)にある大型ショッピング施設。店内は、映画「君の名は。」の世界観をイメージし、山深い田舎町に暮らす女子高校生の主人公「三葉」の実家を思わせる日本家屋風の内装。作中で三葉と体が入れ替わる男子高校生「瀧」と「三葉」との撮影スポットや、作中に登場する町「糸守」や「東京」の美しい風景を描いた貴重な原画、絵コンテの数々を展示する。
 
 また、2人のシルエットをモチーフにした缶バッジ、トートバッグ、クリアファイルや作中の印象的なシーンをデザインしたマグカップ、Tシャツなど、香港でしか買えない限定商品をはじめとする計20点以上の商品を販売予定だ。
 
開催期間: 2017年6月14日(水)〜7月2日(日)
開催場所: POPCORN, 9 Tong Gin St, Tseung Kwan O, Hong Kong
営業時間: 12:00〜22:00
 
■アニメーション映画「君の名は。」について
 
 「秒速5センチメートル」(2007年)、「言の葉の庭」(2013年)など意欲的な作品を数多く作り出してきた気鋭のアニメーション映画監督・新海誠。
 
 本作「君の名は。」では、世界の違う二人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」のドラマを圧倒的な映像美とスケールで描き出した。
 
 2016年8月26日に公開後、口コミでその評判が拡散し、社会現象を巻き起こした。邦画の興行収入ランキング(興行通信社調べ)では歴代2位。興行収入200億円突破は実に15年ぶりとなり、邦画史に残る金字塔を打ち立てた。
 
 その勢いは日本を超え、アジア圏では週末映画ランキングで7冠(日本、台湾、香港、タイ、中国、韓国、ベトナム)を達成し、更に韓国・中国・タイ・台湾・ベトナムでは現地で公開された日本映画として歴代興収の新記録を打ち立てている。(編集担当:サーチナ編集部)