LABOUM「U-20 FIFAワールドカップ」閉幕式でステージを飾る

写真拡大

ガールズグループLABOUMが11日、水原(スウォン) ワールドカップ競技場で開かれた「U-20 FIFAワールドカップ世界文化祭」の閉幕式ステージに招待されフィナーレを飾った。

この日LABOUMは「Hwi hwi」と「Shooting Love」「AALOW AALOW」「想像プラス」など代表曲を熱唱した。

5月20日に開幕し6月11日まで開催の中心都市、水原市をはじめ、全州(チョンジュ)、仁川(インチョン)、大田(テジョン)、天安(チョナン)、済州(チェジュ) の6つの都市で「U-20 FIFAワールドカップ世界文化祭」が開かれ、閉幕式のステージにLABOUMが最後を飾り、彼女たちの人気を実感させた。

LABOUMは「FIFAワールドカップ世界文化祭」に先駆け、先日、高麗(コリョ) 大学、弘益(ホンイク) 大学、啓明(ケミョン) 大学で、文化祭、青少年フェスティバル、グッドネイバーズ・ウォーキング寄付イベントなど、その他数多くのイベントのステージに上がり“祭りの花”となった。特に韓国3つの軍のイベントと慰問公演も予定されている。

現在LABOUMは押し寄せるラブコールで多忙なスケジュールをこなしている。