TH-24E300(左)とTH-19E300

写真拡大

 パナソニックは、ダブルチューナーを搭載した液晶テレビ「ビエラ E300シリーズ」に、24V型の「TH-24E300」と19V型の「TH-19E300」の2機種を追加し、8月25日に発売する。価格はオープン。

 49V型、43V型、32V型をラインアップするスタンダードモデル「E300シリーズ」に、小型サイズを追加した。19V型には、視野角が広く斜めから見てもキレイなIPS液晶パネルを搭載。上下左右からも自然な色で見ることができる。

 2機種とも、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基搭載し、別売のUSB HDDへの裏番組録画が可能。1つの番組を視聴しながら、同時に別チャンネルで放送されている裏番組を録画できるため、見たい番組が重なっても、録画して後で楽しむことができる。USB HDDは8台まで登録可能で、さらに録画した番組は、LAN経由で接続しているレコーダーの「ディーガ」にダビングでき、BDやDVDへの保存も可能となっている。

 また、対応ディーガや別のビエラで録画した番組を別の部屋で視聴できる「お部屋ジャンプリンク」や省エネ機能の「エコナビ」などに対応する。