映画『パパのお弁当は世界一』舞台挨拶に渡辺俊美、片平里菜、フカツマサカズ監督ら登壇

写真拡大

 映画『パパのお弁当は世界一』の公開初日舞台挨拶が6月10日、ヒューマントラストシネマ渋谷にて行われた。

(関連:片平里菜、“芯のある歌声”響いた中野サンプラザ公演 新曲「なまえ」披露も

 この映画は父が作るお弁当を娘がTwitterに投稿したことをきっかけに、お弁当を通じた父娘の心温まる実話が反響を呼び、約半年というスピードで製作・公開された。舞台挨拶には渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET/お父さん役)、武田玲奈(みどり役)、清原翔(みどりの彼氏・ユウジ役)といったキャストのほか、主題歌の「なまえ」を歌う片平里菜、監督のフカツマサカズ、脚本の大野敏嗣が登壇した。

 登壇者が順番に同作への思いや感謝を述べていく中、フカツマサカズ監督は「僕は普段はMVの監督がメインで、こういった物語の映画は初めてだったので、手探りで、みどりパパが初めてお弁当を作った気持ちのように作りました」とコメント。主演を務めた渡辺俊美は「はじめは(片平)里菜ちゃんのMVの話からはじまったので、いまだにドッキリではないかなと思う自分がいます。(自分が)俳優(をすること)は想像していなかったので、今ここにいることが不思議です。お客さんの顔を見て、ドッキリじゃないんだなと改めてわかりました。このメンツ、スタッフに支えられて素敵な映画ができたなと改めて感じました」とストレートな感想を伝えた。

 また、映画化で工夫した点についてフカツ監督が「モデルとなったみどりちゃん家族は本当に仲がいいので、映画の中のみどりちゃんはツンデレにして、お弁当を通じて絆が深まるという話に少し変えてしまいました。エピソードはたくさん実話を盛り込んでいるけれど、キャラクターは少し違うかもしれません」と明かすと、モデルとなった親子がサプライズ登場。父は渡辺俊美に、娘は武田玲奈に花束を贈呈した。

 父は涙ながらに感極まった様子で感謝を述べ、「こちらに来ている方々にもお父さん、お母さんが多くて。同じような状況、もっと大変な方もいると思います。でも、娘さんや息子さんには届いていると思います。これからもがんばってコミュニケーションをとっていただけたら」と親世代へむけてエールを送った。娘もキャストやスタッフへの感謝の思いを交えながら、「家族って反抗期とかあって嫌だなって思うこともあるけど、誰より自分の近くにいてくれる存在。これからも大切にしてもらえれば」と観客に呼びかけた。

 そして、片平里菜がアンプやスピーカーなどを通さず、生音・生声で主題歌の「なまえ」を披露。片平は「『なまえ』は映画が決まってから書いたものではなく、自分で書きたくて書いた曲。地元が福島で、出てきて3年くらい経ちます。東京の生活の中で自分を見失いそうになった時、親からもらった名前、受け継いだ名前を大切にしたいと思って書いた曲です。そんなタイミングにこんな素敵なお話と出会えてとても幸せに思います」と話したのち、同曲を披露した。

 最後にキャストを代表して渡辺俊美が挨拶。「私事ですが、朝7時に息子が生まれました。この映画のように小さな物語をいっぱいいっぱい作っていきたいと思います。音楽でもそうですけど、素晴らしいスタッフに囲まれて映画がすごい好きになりました。少しでもいいと思っていただけたのであれば、みんなで広めませんか。よろしくお願いします」と呼びかけて舞台挨拶を終えた。(リアルサウンド編集部)