東京や大阪など都市部の公共交通機関は平日の朝夕にラッシュを迎え、非常に混雑することが一般的だ。だが、中国人から見れば、日本の公共交通機関は「利用客が多くて大混雑していても、そこにはちゃんと秩序がある」のだという。(イメージ写真提供:(C) kasto /123RF)

写真拡大

 東京や大阪など都市部の公共交通機関は、平日の朝夕にラッシュを迎え、非常に混雑することが一般的だ。だが、中国人から見れば、日本の公共交通機関は「利用客が多くて大混雑していても、そこにはちゃんと秩序がある」のだという。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国のネット上では「日本人の民度は中国人と30年以上の差がある」という言われ方がしていると伝える一方、日本の地下鉄で撮影されたラッシュ時の様子の写真を掲載し、「日本人の民度は敬服せざるを得ないほど高かった」と驚きを示した。
 
 記事は、中国のネット上において「日本人の民度」が高く評価されていることについて、日本を訪れた中国人旅行客がを地下鉄で検証したことを紹介。日本人の日常生活の一コマである地下鉄の利用という場面から「果たして本当に日本人の民度が高いのかを考察してみた」と伝えた。
 
 まず記事は、日本の地下鉄では「運行時間も正確」だったと伝え、駅に貼られていた地下鉄の到着時間について「寸分違わず運行されていた」と紹介。そして、車両が到着すると乗客はまず扉の両側に立ち、降りる客が全て降りきってから乗車していたと紹介したほか、中国で見られるような「空いている席をめがけて我先に乗車し、空席を目指して走る」ような客は1人もいなかったと伝えた。
 
 さらに、日本を訪れる前、「日本人は地下鉄で『居眠り』、『読書』、『スマホ』のいずれかをしている」と聞いていたとし、実際に地下鉄に乗ってみたところ、「居眠りをしている人もいたが、ほとんどがスマホをいじっていた」と紹介。それ以上に驚いたというのが、「車内の静けさ」であり、電話の呼び出し音や電話で話をする人の声は一切聞かれず、「車内は異常なほど静かだった」と伝えた。
 
 また、車内がどれだけ混雑していても、騒いだり、わめいたりする日本人はいなかったとしたほか、駅に到着すればエスカレーターで誰もが片側に寄り、もう片側を急いでいる人のために空けていたと紹介。日本の地下鉄で見られた光景は全てが「驚き」であり、同時に「敬服せざるを得ない」ものだったとし、中国のネット上で言われる「日本人の民度は中国人と30年以上の差がある」という話はあながち間違っているわけではないと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C) kasto /123RF)