【釜山聯合ニュース】韓国・釜山を拠点とする格安航空会社(LCC)、エアプサンの累計搭乗者数が12日、3000万人を突破した。

 エアプサンは2008年10月に国内線の釜山―金浦線を就航後、翌年9月に累計搭乗者数100万人を達成。13年5月に1000万人、15年10月に2000万人の大台をそれぞれ突破した。搭乗者の72%は国内線、28%は国際線の利用者。
 エアプサンは現在、国内線4路線、国際線23路線を運航している。今月8日に大邱―東京(成田)線を新規就航した。
hjc@yna.co.kr