ときめきが止まらない!「#てふてふクッキー」で可愛いおもてなしスイーツを

写真拡大 (全8枚)

てふてふクッキーとは、蝶の形をしたシガレットクッキーのことです。これがあれば、いつものおやつがとっても可愛くなります。型と生地を用意しておけば、短時間でつくることができます。可愛く飾ってときめきを味わいましょう。

てふてふクッキーでいつものおやつが大変身!!


初めまして。asami_kamiokaです。Instagramでは、絵本にでてきそうな可愛いお菓子や、物語をテーマにしたワクワクするデザートを作っています。今回はおもてなしにも喜ばれる、てふてふクッキーの作り方をご紹介します。


【STEP1】てふてふの型作り


用意するもの

・クリアファイル(柄がないもの)
・カッターとはさみ



作り方

1、作りたい蝶のイラストを用意する。(私は直径5僂梁腓さを用意しました。)
2、その上にクリアファイルをおいて、ボールペンで跡をつける。
3、カッターとはさみで切り取る。
4、余分な部分を切り取り、一カ所を少し折り曲げる。

これで型の完成です。


【STEP2】クッキー生地作り


下準備

・バターを湯煎にかけ、溶かしておく。


材料(作りやすい量)

・卵白 30g
・グラニュー糖 30g
・薄力粉 30g
・バター 30g
・ココアなど好みのパウダー 適量



作り方

1、ボールに卵白を入れ、泡だて器でほぐす。
2、グラニュー糖を加え、混ぜる。
3、薄力粉を加え、混ぜる。
4、溶かしたバターを入れ、よく混ぜる。

これで生地の完成です。泡立てずに混ぜるだけです。

 ※好みで生地を少量とってココアなどのパウダーで色付けしてください。
  ティースプーン半量ずつ入れてみてください。
  写真は、ココアとほうれん草のパウダーを混ぜました。


【STEP3】型と生地でてふてふを作る



下準備

オーブンを160℃で温めておきます。


作り方

1、クッキングシートかシルパットの上に型を置く。
2、パレットで生地を10円玉ぐらいとり、型を押えながらこすりつける。
  (約1ミリぐらいの厚さになるように)
3、型を押さえゆっくりはがす。型を裏返し、同じ作業をする。
4、コルネに色違いの生地を入れ、模様をつける。 ※模様をつけなくても大丈夫です。
5、160°のオーブンで5〜6分焼く。薄っすらとキツネ色になるまで。
6、クッキーが割れないように、そっとはがす。 

※型が動くときれいな形になりません。しっかり押さえましょう。
 生地が緩くて伸ばしづらい時は、冷蔵庫に入れて冷やし固めてから使ってください。

生地を伸ばすところで少々難しいと感じるかもしれませんが、慣れてくると「てふてふクッキー」の虜になります!


てふてふクッキーの出来上がりです♪



てふてふクッキーをすぐに食べないときは、湿気やすいのでタッパなどに乾燥剤と一緒にいれてください。食べる分だけ焼くことをオススメします。


てふてふクッキーを飾りましょう!

ケーキに!
飾るときは生クリームやバタークリームなどを使います。



アイスクリームに!
てふてふクッキーがあるだけで、可愛さが倍増です!!



クッキーやフルーツを盛ったお皿一面に飾ると、お花畑みたいになります!!


いかかでしたでしょうか?
日常のおやつでもいいですし、お子様の誕生日などにたくさん作ってあげると
とても喜ぶと思います。てふてふクッキーでときめきを♪
ぜひ、お試しください。


インスタグラム @asami_kamioka(上岡麻美)