日本でも活躍したトランスジェンダーの女優ハリス、結婚10年で離婚…自身のインスタで認める

写真拡大

トランスジェンダーの歌手兼女優のハリスと歌手ミキジョンが離婚した。

ハリスは本日(12日)、自身のInstagramを通じて「今日突然記事が出ましたね」として、離婚に関する記事に言及した。これに先立ってこの日、あるメディアが「ハリスとミキジョンが結婚10年目にして離婚した」と報道したが、これを事実上認めたのだ。

ただしハリスは、「初めての記事で夫の事業の失敗を挙げていましたが、そんなことで(離婚) したのではないので、話にもならない憶測はおやめください」と訂正した。

ハリスは離婚後にも元夫であるミキジョンと「親しい仲で、互いに応援する良い間柄です」として、「初めから互いに金銭的なことや何かを望んで愛したのではなかったので、互いに応援できる良い仲」と伝えた。

ハリスとミキジョンは、2007年5月に結婚した。2001年のデビュー当時、トランスジェンダーの芸能人として注目を浴びたハリスだったが、ミキジョンとの結婚当時にも人々の大きな関心が注がれた。

日本でもバラエティなどで活躍したハリスは2004年、映画「桃色」で日本の女優・松坂慶子と共演した。

ハリス、夫に向けた愛情あふれるメッセージを公開“今年はさらに愛し合おう”

【ハリスのSNS 全文】

今日突然記事が出ましたね!

初めての記事で夫の事業の失敗に言及されましたが…

そんなことのためにしたのではないので、話にならない憶測はおやめください!

どこでそのような話を聞かれたのか分からないですが、夫婦として生きながら互いに大切にし、愛して過ごしてきたのが事実で、そのような夫婦でした!

まだSNSで互いをフォローするぐらい、互いに応援する良い仲です!

初めから互いに金銭的なことや何かを望んで愛したのではなかったので、互いを応援することができる良い仲なので、これ以上の悪い話は自制してください!