ドイツ中部カッセルで開催中のアート展「ドクメンタ14」で展示されている、自身の作品「Parthenon of Books(本のパルテノン神殿)」の前を歩くアルゼンチンのアーティスト、マルタ・ミヌヒン氏(2017年6月7日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドイツ中部カッセル(Kassel)で開催中のアート展「ドクメンタ14(documenta 14)」で、アルゼンチンのアーティスト、マルタ・ミヌヒン(Marta Minujin)氏(74)の作品「Parthenon of Books(本のパルテノン神殿)」がお披露目された。

 ギリシャ・アテネ(Athens)のアクロポリス(Acropolis)の丘に建つパルテノン神殿の実物大のレプリカであるこの作品は、一般の人や出版社、団体から寄贈された発禁本、およそ10万冊で制作される。

「ドキュメンタ14」は9月17日まで。
【翻訳編集】AFPBB News