背番号10を付けることになった乾。イラク戦で活躍が期待される。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 6月13日のシリア戦を前に、AFCの公式サイトで日本代表メンバーの背番号が発表された。

 7日のシリア戦で左肩を脱臼してチームから離脱した香川真司の10番は、乾貴士が受け継いだ。また、シリア戦から久保裕也が14番から11番に、井手口陽介が24番から14番に変更。

 登録メンバー23人からは、加藤恒平が外れた。なお、この背番号、メンバーはAFC登録用のもので、試合開始の90分前には変更が可能だという。

[GK]
1 川島永嗣(メス=フランス)
12 東口順昭(ガンバ大阪)
23 中村航輔(柏レイソル)
 
[DF]
2 宇賀神友弥(浦和レッズ)
3 昌子 源(鹿島アントラーズ)
5 長友佑都(インテル=イタリア)
13 三浦弦太(ガンバ大阪)
19 酒井宏樹(マルセイユ=フランス)
20 槙野智章(浦和レッズ)
21 酒井高徳(ハンブルク=ドイツ)
22 吉田麻也(サウサンプトン=イングランド)
 
[MF]
4 本田圭佑(ミラン=イタリア)
6 遠藤 航(浦和レッズ)
14 井手口陽介(ガンバ大阪)
16 山口 蛍(セレッソ大阪)
17 今野泰幸(ガンバ大阪)

[FW]
7 倉田 秋(ガンバ大阪)
8 原口元気(ヘルタ・ベルリン=ドイツ)
9 岡崎慎司(レスター=イングランド)
10 乾 貴士(エイバル=スペイン)
11 久保裕也(ヘント=ベルギー)
15 大迫勇也(ケルン=ドイツ)
18 浅野拓磨(シュツットガルト=ドイツ)

※登録ポジションはAFC発表のもの。