「河伯の花嫁2017」ナム・ジュヒョク&シン・セギョン、見つめ合うスチールカットを公開

写真拡大

ケーブルチャネルの新しい月火ドラマ「河伯の花嫁2017」(脚本:チョン・ユンジョン、演出:キム・ビョンス) 側が、シン・セギョンとナム・ジュヒョクの初めてのカップルスチールカットを公開した。

公開された写真には、“人間界”のソア(シン・セギョン) と“神界”の河伯(ナム・ジュヒョク) の出会いの姿が盛り込まれた。互いに視線を奪われた二人の姿で、微妙な緊張感が流れている。河伯の眼差しに圧倒されたように目を離すことができないソアとは違い、河伯はソアをまるで穴があくほどに見つめており、カリスマ性をアピールしている。

制作スタッフは、「運命的な主従ロマンスのスタート地点になる」として、「人間界と神界を超越して繰り広げられる彼らの出会いに期待してほしい」と伝えた。

「河伯の花嫁2017」は原作漫画のスピンオフバージョンとして企画された。ドラマは原作と異なり現代劇で、原作漫画の古典的ファンタジーと人物を活用して、完全に新しい設定とストーリーを盛り込んだファンタジーラブコメディだ。

「河伯の花嫁2017」は韓国で7月3日夜10時50分より初放送される。