11日、豪シドニーから中国上海に向けて飛び立った中国東方航空機がエンジン部分のトラブルで空港に引き返した。

写真拡大

2017年6月11日、豪シドニーから中国上海に向けて飛び立った中国東方航空機がエンジン部分のトラブルで空港に引き返した。央視網などが伝えた。

【その他の写真】

問題が起きたのはMU736便で、左側のエンジンのカバー部分に巨大な穴が開いているのが見つかった。機材はエアバスA330−200で、機齢はおよそ4年という。同便は無事着陸し、乗客乗員は無事だった。(翻訳・編集/野谷)