来日したキアヌ・リーヴス

写真拡大

2015年に公開された『ジョン・ウィック』の続編である『ジョン・ウィック:チャプター2』を引っさげ、主演のキアヌ・リーヴスが、メガホンをとったチャド・スタエルスキ監督とともに6月11日に成田空港に到着した。

キアヌ・リーヴス『ジョン・ウィック』続編で約2年ぶりの来日が決定!

空港には約2年ぶりの来日の噂を聞きつけたファンおよそ250名が大集合。朝6時から到着を心待ちにしていたファンもいるなど、今か今かと待ち望むファンの前に、リーヴスとスタエルスキ監督が登場! ロングフライト明けにも関わらず笑顔で登場した2人に、空港は歓声に包まれた。そうした中、リーヴスは大声で呼びかけるファン1人ひとりに丁寧にサインをしていた。

また、集まった取材陣には「また日本に来られて最高の気分だ。とても幸せだよ!」とコメント。前回の来日では、伝説の柔道家・野村忠宏から『ジョン・ウィック』の刺繍入りの黒帯を贈呈され、配給会社も知らないうちに自身のプロデュースするバイクで鈴鹿サーキットを爆走し、くまモンと記念撮影を行うなど、数々の伝説を残したリーヴス。はたして今回はどんな伝説を残すのか?

『ジョン・ウィック:チャプター2』は7月7日よりTOHOシネマズ みゆき座ほかにて全国公開となる。