アテネ五輪4×400メートルリレー日本代表の伊藤友広氏は、スプリント指導のプロ組織「0.01」の共同代表を務める【写真:編集部】

写真拡大

陸上、野球、サッカー…未来のトップ選手目指す「小学生」を変える画期的取り組み

 指導のプロフェッショナルが「走り」を教え、日本の子供たちの足を速くする――。躍進著しい日本陸上界で画期的な取り組みが始まっている。アテネ五輪4×400メートルリレー日本代表の伊藤友広氏(34)と200メートルハードル日本最高記録保持者の秋本真吾氏(35)が共同代表を務め、スプリント指導のプロ組織「0.01」を発足した。

 未来のトップアスリートを目指す「小学生世代」、運動不足など健康状態を懸念する「オトナ世代」、Jリーグ、プロ野球などの第一線で活躍する「現役アスリート」の3つの柱を対象とし、指導を行う。「『0.01秒』でも速くすることにこだわってスプリント指導を行うことで感動、喜びを味わってもらい、さらに『1%』という少ない可能性でも挑戦し、前に進んでいくことで自信の獲得につなげてほしい」との理念でスタートした、かつてないプロジェクトの中身とは――。

 これまで数々のランニング教室や個別指導などで、子供たちの走りを変えてきた伊藤氏は、主に「小学生世代」を担当。「我々はランニング指導のプロフェッショナル集団を目指しています」と強調する。なぜ、陸上界にプロの指導者集団が必要と感じたのか。

「我々のようなスポーツ選手が各スポーツの指導の場に立つ時、指導者として評価される基準は競技実績。僕ならば『オリンピックに出ているから伊藤さんを呼ぼう』となる。ただ、競技実績があるからといって、確実に指導の質が高いかというと、そうでない場合もある。よろしくない指導も見てきた。反対に競技実績はそんなに高くないけど、指導が抜群にうまい人もいる。結局、本当に質の高い指導ができる人はどこにいるのか、依頼する側はわからないというのが現状にあります」

 名選手は名指導者にあらず。だからこそ「競技実績にかかわらず、指導のスペシャリストがここにいます、というような集団を作りたかった」と語る。「子供の現場を見ると、質の低い指導が蔓延している」と指摘した上で、こう明かした。

「50メートル走の全国平均を見ると、文科省のデータでは体が大きくなることによって、1年間で小学1、2年生は0.9秒、3〜6年生は0.5秒ずつ速くなる。そういう状況では身長が伸びる、筋肉がつくことで記録が伸びてしまう。つまり、この世代に特に意味のない指導をしたとしても、ただ運動をしているからというだけで、記録が伸びてしまうんです。

 しかし、短期的に見て1〜3か月、もしくは極端な話、1回の指導でタイムを伸ばせるかどうかは、できない指導者が多いはずです。子供に対し、あまり良くない指導を施していくと変な癖がついたり、一定のところで伸び止まってしまったり、子供たちのためにならないと感じます。そこで、我々がこういう活動をすることで、いい指導が広がっていくことを目指しています」

「走らせまくる指導」に警鐘…子供の指導現場の問題点とは?

 果たして、子供の指導の現場において、問題となっている点は何か。「それは、走らせまくることです」と伊藤氏は言い、練習で長い距離や多い本数を課すことに警鐘を鳴らす。

「人間が全力疾走した時、ウサイン・ボルトなら最高速が出るのは60メートル付近だけど、小学生は20〜30メートル地点でトップスピードを迎える。その後は誰でも速度が低下する。小学生に100メートル以上の距離を走らせると、ほとんどの場合、だんだんとフォームがバラバラになってきて、短距離走の動きではなくなってしまいます。また、距離が長い分その距離に慣れることや練習量を多くすることでタイム短縮が可能になります。そのような練習は中学、高校からで十分です」

 さらに高負荷なトレーニングを課すことは、故障や燃え尽き症候群の引き金になりかねないという。

「例えば、イベント的に1本200メートルを全力で走ろうというのはまだいいのですが、1周200メートルの100メートルをケンケン、残り100メートルを反対足のケンケンで帰ってこい、という練習を目にしたこともあります。これは大人でも相当キツイ。子供は一生懸命にやってしまうけど、動きが崩れた中でハイパワーの動作を繰り返すと怪我にもつながるし、キツイ練習をやりすぎると、子供のうちからバーンアウト(燃え尽き)してしまう。良くない面はいろいろあると考えています」

 では「0.01」において、どんな指導を施していくのか。小学生を対象とした定期クラスを設け、「動きの改善により足を速くすることを突き詰めていく」と構想を掲げる。

「まずは姿勢が大事という話をします。立って良い姿勢を取るのは比較的簡単だけど、走って良い姿勢を取るのは難しい。片足が接地した時、姿勢が崩れていると一気に進めなくなる。ただ真っすぐというよりは、力が入る姿勢を取らないといけない。あとは地面に着いた瞬間にどう跳ね返るか。走るというと足を後ろに蹴って前に進むと思う人がほとんどですが、本当は片足でのジャンプの連続というイメージです。地面からうまく跳ね返って、ジャンプできることが重要。それを一歩一歩、実践していくのが良い走り方と言えます。常に良い姿勢で弾んでいく感覚を走りの中に落とし込む、その感覚を掴むための練習を取り入れていきます」

「0.01」の指導においては50メートル以上は測定以外に走らせず、10〜30メートルの短い距離で「走りのテクニックを変える」ことを念頭に置いている。

全国平均を3〜4か月でクリア…“即効性”のある指導に実績

「例えば、僕があるクラスで指導したケースでは、50〜60人程度の参加で個別のアドバイスはできない状況ですが、3か月で9回練習をして、平均0.43秒速くなった。また、15人程度であれば4か月14回の練習で0.79秒の短縮というクラスもある(過去3年間の平均データ)。全国平均は1年間で0.5秒前後ですが、それを3〜4か月でクリアしている。確実に技術が変わって速くなったことが言えるはずです」

 こうした実績を元に“即効性”のある指導を行っていく。しかし、将来の五輪アスリートを対象にするかといえば、必ずしもそうではない。野球、サッカーなど、ほかの競技に取り組むスポーツ少年、運動会で少しでも順位を上げたいという“苦手層”の子供まで分け隔てなく、足を速くすることにこだわる。

「走りを良くして、技術を改善することだけにフォーカスしている。その中から陸上をやりたいと思う人がいれば、陸上クラブに入ってくれればいいと思う。サッカーや野球をやっている子は、そのスポーツで生かしてくれたらいい。その後の目標設定は個別でしてくれて構わないと思っています」

 一方で、大人の指導についても同様の問題があるという。元マラソン選手の長距離ランナーが開催するクリニックも一緒に走ることがメインという場合がほとんど。イベント参加者から「何かが変わった実感がない」という声を伊藤氏も耳にしたという。

「長距離界のアプローチは、距離を多く走って心肺能力を高めるというような生理学で攻める。バイオメカニクス的な動作をどう変えて、どう効率化させるかという部分はほとんどやらないんです」

 現状の問題に共通しているのは、指導する側が評価をされないというシステムの問題点だ。

「そういう現場では、本当に速くしたのかというジャッジを受けないことが多い。質にこだわって、確実にこれをやると良くなるという練習を提供するインセンティブが働かない。これには指導者側の意識の低さや知識不足はもちろん、労働環境も大きく影響していると考えています」

 だからこそ「0.01」においては、最新のデータや論文と照らし合わせながら、指導の成果を評価すること、指導者が質に見合う対価を得られることを目指していくという。

「自分たちの指導の質は高い」―伊藤氏が言い切る理由とは?

「今までやってきたプログラムも日々勉強してブラッシュアップさせていく。そのために指導の実績を積みながら、研究論文などと照らし合わせ、我々がやっている指導は正しいのかと常に当てはめて見ていく。現状、トップアスリートは自分がやってきたことだけを感覚的にやろうとすることが多い。このことには大きな価値がありますが、これだけでは足りないとも感じます。反対にデータ・研究だけに頼っても実際の感覚とかけ離れた練習をしてしまい動きが崩れる場合もあります。我々は感覚と研究の二つをすり合わせて実際の指導に落とし込んでやっていきたい」

 最後に、なぜ「自分たちの指導の質は高い」と言い切れるのか。その理由を明かした。

「僕らは1対1の指導をかなり長くやっている。僕は子供向けの個別の家庭教師みたいなもの。そうなると、1回で効果を出してくれと親御さんから迫られる。秋本はプロのアスリートに1対1でやる機会が多い。どちらも短期的に成果が出る状態にしないと顧客がつかない。そんな厳しい条件の中で2人とも指導を重ねてきたので、どういうポイントと言葉がけで“処方箋”を出せば良くなるかというノウハウがたまっていっているんです」

 現役時代に0.01秒を削るために培ってきたトップスプリンターとしての経験、そして、引退後に「指導のプロ」として現役時代と同様に結果を出すことにこだわってきた経験。その2つを武器として、運動が苦手な子供からトップアスリートまで、メソッドを注ぎ込んでいく。

「これまでの指導の現場において、たとえトップアスリートが指導しても、一般の方も『どう良くなった』『何かが変化した』ということが感じづらい状況にあった。そういう部分を変えられると思った。指導を提供する側も受ける側も、走りを通して、喜んだり、感動したり、自信獲得につながったり……。そういうところを目指したい」

 ランニングを通して感動を――。指導のプロフェッショナル集団が、大きな希望を宿したプロジェクトは、号砲が鳴ったばかりだ。

【伊藤友広プロフィール】

高校時代に国体少年男子A400mにて優勝。アジアジュニア選手権の日本代表に選出され400m5位、4×400mリレーではアンカーを務め優勝。国体成年男子400mにて優勝。
アテネ五輪では4×400mに出場。第3走者として日本過去最高順位の4位入賞に貢献。
国際陸上競技連盟公認指導者資格(キッズ・ユース対象)を取得。
http://001sprint.com

【秋本真吾プロフィール】

2012年まで400mハードルのプロ陸上選手として活躍。オリンピック強化指定選手にも選出。200mハードルアジア最高記録、日本最高記録、学生最高記録保持者。
2013年からスプリントコーチとしてプロ野球球団、Jリーグクラブ所属選手、アメリカンフットボール、ラグビーなど多くのスポーツ選手に走り方の指導を展開。
地元、福島県「大熊町」のために被災地支援団体「ARIGATO OKUMA」を立ち上げ、大熊町の子供たちへのスポーツ支援、キャリア支援を行う。
2015年にNIKE RUNNING EXPERT / NIKE RUNNING COACHに就任。
http://001sprint.com/