「FES Watch U」

ソニー株式会社の新規事業創出プログラム(Seed Acceleration Program)から生まれた社内ベンチャー「Fashion Entertainments」は、は、2017年6月12日(月)から、ディスプレイウォッチ「FES Watch U」の正式販売を開始した。電子ペーパーを搭載し、気軽に柄を変えることができる「FES Watch」の第2弾プロダクト。この発売を記念して、「TOKYO MONOCHROME」をテーマとしたキャンペーンも開始されている。「FES Watch U」では、ボタンを押すだけで簡単に文字盤とベルトのデザインを変更でき、自分好みにデザインをアレンジすることが可能。全12種類のデザインがプリインストールされており、専用のスマートフォンアプリ「FES Closet」との連携によって、撮影写真やライブラリ画像などからオリジナルのデザインを作る機能も利用できる。本体カラーバリエーションはプレミアムブラック / シルバー / ホワイトの3色。メーカー希望小売価格はプレミアムブラックが6万円(税抜)で、他2モデルは各4万6000円(税抜)だ。「FES Closet」では、国内外の個性豊かなクリエイターとのコラボレーションによるデザインを、無料でダウンロードすることも可能。「TOKYO MONOCHROME」キャンペーンでのコラボレーション第1弾として、アートディレクターの井上嗣也氏やファッションブランド「ANREALAGE」デザイナーの森永邦彦氏、書道家の万美氏が手掛けたデザインをダウンロードできる。7月以降も毎月参加者は増えていき、12月までに総勢10名のクリエイターが参画予定。イラストレーターの長場雄氏やエドツワキ氏などのデザインも順次登場予定だ。そのほか、「TOKYO MONOCHROME」に参加したクリエイターのスペシャルインタビューなどが収録されたZINE(小冊子)も、商品取扱店舗で6月12日(月)から配布されることが決定している。

12種類のデザインをプリインストール

井上嗣也氏が手掛けたデザイン「Dancing Light」

エドツワキ氏の「QUADRANT」は7月以降に公開

ソニー株式会社「Fashion Entertainments」
URL:https://fashion-entertainments.com/
2017/06/12
▷こちらもおすすめ

話題の回転おもちゃ「ハンドスピナー」を装着したiPhoneケースが続々登場

 

ドン・キホーテがPBで4Kテレビ最安値に挑戦!50V型を5万4800円で発売

 

示温インクを用いた「コカ・コーラ」の新パッケージが登場!冷やすと氷のイラストが浮かび上がる仕掛け