少女時代 テヨン、香港コンサートを成功裏に終了…初アジアツアーの“華やかなフィナーレを飾る”

写真拡大

少女時代のテヨンが香港コンサートを最後に、初のアジアツアーを成功裏に終えた。

テヨンの初のアジアツアー「TAEYEON solo concert - PERSONA in HONG KONG」はソウルを皮切りに台北、バンコク、香港などで開催され、各都市でチケット完売はもちろん、ソロ女性歌手としてさまざまな記録を打ち立て、テヨンのチケットパワーとグローバルな存在感をもう一度証明した。

今回のツアーのフィナーレを飾った香港コンサートは10日と11日、香港アジアワールドエキスポホール10で開催され、テヨンの素晴らしい歌唱力と多彩な音楽世界を満喫できる公演で、2日間で1万人余りの観客から爆発的な反響を得た。

特に、今回のコンサートは5月8日に行われたチケット販売で全席完売を記録し、現地のファンたちの声援により1回の公演を追加して2回に渡って開催され、韓国のソロ女性歌手が香港で2回に渡ってコンサートを開催するのは今回が初めてであるだけに、テヨンの人気の高さを証明した。

テヨンは今回の公演で「Fine」「Time Lapse」など、1stフルアルバムの収録曲を始め、「I」「Why」「双子座」などミニアルバムの収録曲まで、多彩なソロ曲を披露し、ボーカリストとしての能力を余すことなく発揮し、今回のツアー演出はSMエンターテインメントのパフォーマンスディレクターファン・サンフンが務め、テヨンの魅力を最大限に引き上げたステージに構成し、現地のファンたちを完璧に魅了した。

また、観客たちは少女時代を象徴するピンク色のペンライトで会場を染めたのはもちろん、さまざまな韓国語プラカードイベントを用意し、テヨンを感動させた。