2PMのJun. K、ギプスをしてコンサートでステージ披露…ダンスナンバーも完璧にこなす

写真拡大

2PMのメンバーJun. Kが負傷にも負けず、ステージを披露した。

Jun. Kは11日午後、ソウル城北(ソンブク) 区安岩洞(アンアムドン) 高麗(コリョ) 大学花井(ファジョン) 体育館にて行われた2PMのコンサート「2PM CONCERT '6Nights'」で右腕にギプスをしてステージに登場した。今回のコンサートは2月24日〜26日、3月3日〜5日に渡り、ソウル芳夷洞(バンイドン) オリンピック公園内のSKオリンピックハンドボール競技場で行われる予定だったコンサートがメンバーJun. Kの負傷でキャンセルされたことによる再公演だ。

同日Jun. Kは、ギプスをしてステージに上がったことはもちろん、「Promise」「My House」「Magic」などダンスナンバーも全てこなした。ファンに最高のステージを見せようとする彼の情熱がうかがえた。

Jun. Kは2月26日、ソウルオリンピック公演SKハンドボール競技場にて開かれたコンサートの途中、移動式のステージから転落し負傷した。骨折した肘の骨を接合する手術を受け、3月3日から5日まで予定された公演はキャンセルとなった。