キム・レウォン、HBエンターテインメントと再契約を締結…“今後も物心両面でサポートしていく”

写真拡大

俳優キム・レウォンが現在の所属事務所HBエンターテインメントとパートナーシップを続けていく。

HBエンターテインメントは12日、公式報道資料を通してキム・レウォンの再契約締結を伝えた。

キム・レウォンは2013年、HBエンターテインメントと初めて縁を結んだ。その後、HBエンターテインメントが制作したSBSドラマ「パンチ」を通して作品の興行からスター性まで備え、俳優と所属事務所の完璧な相乗効果を生み出した。最近はSBS「ドクターズ」、映画「ザ・プリズン」など、出演する作品ごとに話題を集め、お茶の間とスクリーンで格別な影響力を発揮した。今回の再契約を通して毎作品、吸引力のある演技力で大衆を引きつけたキム・レウォンの今後の活動に対する関心も高まっている。

HBエンターテインメントは「キム・レウォンと長い間培ってきた信頼を元に、縁を続けていくことが出来てとても嬉しい。これからも俳優としての成長のために意見を尊重しながら、頼れる助力者として物心両面でサポートしていく予定だ。キム・レウォンが良い作品で大衆の前に立てるように努力していく」と伝えた。

HBエンターテインメントはチ・ジニ、チョ・ソンハ、アン・ジェヒョン、チョン・イルなど、トップクラスの俳優が所属しており、専門的で体系的なマネジメントシステムをベースに、マネジメントラインナップを強化している。また、HBエンターテインメントはドラマ「星から来たあなた」「シンデレラと4人の騎士」などを制作し、韓流コンテンツの地位を固めた総合エンターテインメント企業だ。