イ・ジョンヒョン、BANANA CULTUREと専属契約を締結…EXIDと同じ所属に

写真拡大

女優イ・ジョンヒョンがBANANA CULTUREエンターテインメントと専属契約を締結した。

12日、BANANA CULTUREエンターテインメント側は「女優イ・ジョンヒョンが、昔マネージャーでBANANA CULTUREエンターテインメントの代表であるユ・ジェウン氏との信頼と義理で、専属契約を締結した」と明かした。過去の縁で専属契約を締結したのだ。

所属事務所側は「イ・ジョンヒョンが女優活動と共に音楽プロデューサー活動も兼任することにし、新人グループプロデュースにも自ら参加することにした。多方面での積極的な支援を惜しまない」と伝え、これからの活動に対する期待を高めた。

イ・ジョンヒョンは1996年映画「花びら」でデビューし、最近「バトル・オーシャン/海上決戦」「誠実な国のアリス」「スプリット」などに出演し、清純でハツラツだったり、ぞっとする一面まで演じ、大きく評価された。特に2015年「青龍映画賞」女優主演賞、2016年「野の花映画賞」女優主演賞などを受賞した華やかなフィルモグラフィーを持ち、映画女優としての地位を固めると同時に、大衆から大きく愛されている。

イ・ジョンヒョンは2017年7月の公開を控えている映画「軍艦島」で、日本軍慰安婦マルニョン役を演じた。「軍艦島」は日本統治時代、日本の端島(通称:軍艦島) に強制徴用された後、命をかけて脱出を敢行する400人の朝鮮人たちの話を描いた作品だ。

専属契約を締結したBANANA CULTUREエンターテインメントは、EXIDと歌手ソンウン、Rare Potato、ヒット曲を生み出す作曲家シンサドンホレンイが所属している。