チュニジアのチュニスで、イスラム教の断食月ラマダン中に公共の場で飲食などをする権利を求めて抗議を行う人たち(2017年6月11日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】「ラマダン(Ramadan)中に飲み食いできる権利を」──。チュニジアの首都チュニス(Tunis)で11日、日中の飲食を一切断つイスラム教の断食月ラマダンの期間中に公共の場所で飲食する権利を求めて、数十人がデモを行った。チュニジアでは2011年の革命以降、断食しない権利を求める声が上がるようになったが、今回のようなデモが実施されたのは初めて。

 チュニジアではラマダン期間中に公の場で飲食を禁止する法律はないものの、その権利をめぐる問題がこのところ毎年持ち上がっている。

 チュニジアの憲法は国民の「信教および良心の自由」を保障する半面、国を「宗教の守護者」と規定している。

 ラデモ参加者たちはラマダン中の飲食権を訴える団体の呼び掛けに応じてチュニス中心部に繰り出し、「個人の自由は憲法で保障されている」と連呼した。

 ある男性はラマダン中に同じく禁じられているたばこを公然と吸いながら、「あなたは断食し、私は食べる。何の問題がある?」と書いたプラカードを掲げていた。

 イスラム圏は先月下旬にラマダン入り。チュニジアでは今月初め、日中に公の場で食べ物を口にした男性4人が「公然わいせつ」の罪で禁錮1月を言い渡されており、デモではそれに対する抗議も行われた。

 ラマダン中には国内の飲食店の大半が日中は休業し、店を開けるところもひっそりとしか営業しない。
【翻訳編集】AFPBB News