韓国のパジュで発見された無人機(画像:韓国国防省)

写真拡大

韓国の軍事境界線に接した地域で、9日に発見された北朝鮮から飛来したものと見られるドローン(無人航空機)に、米国と日本の部品が使用されていると韓国の大手紙・朝鮮日報系のTV朝鮮が報じた。

(関連記事:北朝鮮の無人機、80年代から配備、偵察飛行繰り返す

TV朝鮮は、韓国政府筋の話として、発見された無人航空機には両側の二つのエンジンでプロペラを回す米国メーカー製のツインエンジンが搭載されていると伝えた。エンジンは、米国企業が中国の工場で製造しているという。

また、無人機には日本のソニー製であるα7Rシリーズのデジタルカメラが搭載されていると同TVは伝えた。

北朝鮮がこうした製品を使用している理由について、韓国の国防研究者は、「エンジンもカメラも民生用で、比較的入手が簡単であり、製作コストも抑えられる。また、韓国内で発見されても、北朝鮮側としては言い逃れが出来る」と解説した。