菊地健雄監督最新作『ハローグッバイ』予告編 正反対の女子高生ふたりの絆を描く

写真拡大

 7月15日に公開される『ハローグッバイ』より、予告映像と場面写真が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は『ディアーディアー』で長編監督デビューした菊地健雄監督の最新作。教室では言葉を交わさないふたりの女子高生が、認知症のおばあさんと出逢ったことから、互いの心の隙間を埋めていく模様を描く。

 クラスで目立つ存在だけれども、元彼の子供が出来たかもしれないという悩みを誰にも言えずにいるはづき役を萩原みのり、クラスで優等生として孤立し、家庭でも忙しい両親への寂しさを紛らわすように万引きを繰り返す葵役を久保田紗友が演じるほか、もたいまさこ、超特急の小笠原海、岡本夏美らがキャストに名を連ねている。

 このたび公開された予告映像では、元彼の子供ができてしまったかもと思い悩むはづきと、孤独な優等生の葵が物悲しげにうつむく姿が捉えられている。予期せぬおばあさんとの出会いから、接点のなかった3人の不思議な“友人”関係の始まりが、本作のために渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)が書き下ろした主題曲とともに映し出されている。