ジーナ・プリンス=バイスウッド Photo by Noam Galai/WireImage

写真拡大

 米ソニー・ピクチャーズが製作する「スパイダーマン」のスピンオフ作品「シルバー&ブラック(原題)」の監督が、「リリィ、はちみつ色の秘密」の女性監督ジーナ・プリンス=バイスウッドに決まった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

 米HBOのSFドラマ「ウエストワールド」の企画・制作総指揮を務めるリサ・ジョイが手がけた第1稿をもとに、11月3日に公開を控える「マイティ・ソー バトルロイヤル」の脚本家クリス・ヨストが現在最新稿を執筆中。製作にあたるエイミー・パスカルとマット・トルマックは、今秋からの本格始動を目指しているという。

 マーベル・コミックスの人気女性キャラクター2人が主人公という点でも注目が集まっている本作。トム・デファルコとロン・フレンツのコンビにより1985年に誕生したシルバー・セーブルは、犯罪者を捕まえる会社を経営する凄腕の傭兵で、スパイダーマンとは敵として一戦交えたこともあれば、味方として共に戦ったこともあるキャラクターだ。

 一方のブラック・キャットことフェリシア・ハーディは、スパイダーマンと恋人同士だった過去を持つ女泥棒で、サム・ライミ監督の「スパイダーマン」3部作では脚本からカットされたが、「アメイジング・スパイダーマン2」ではブラック・キャットとしてではないものの、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のフェリシティ・ジョーンズ扮する“フェリシア・ハーディ”として登場を果たしている。

 今夏公開の「スパイダーマン ホームカミング」を皮切りに、スピンオフ作品の数々でスパイダーマン・ユニバースの拡大を図るソニーは、現在早くもスピンオフ第1弾となるトム・ハーディ主演、ルーベン・フライシャー監督の「ベノム(原題)」の製作に着手している。