「鋼の錬金術師」書影
 - (C) 2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C) 2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

写真拡大

 荒川弘による日本を代表するマンガ「鋼の錬金術師」のリバイバル連載が、WEB雑誌「ガンガン ONLINE」にてスタートした。カラーページも完全再現され、第1話から復刻する。

 同作は、全世界累計発行部数7,000万部を超える人気コミック。2001年から2010年まで「月刊少年ガンガン」で連載され、アニメシリーズも人気を博した。今年12月には、山田涼介が主演を務めた実写映画の公開を控えている。その公開を前に、マンガ「鋼の錬金術師」のリバイバル連載が開始。毎週月・木曜日に最新話が無料で配信され、連載をリアルタイムで追っていなかった人もこの機会に作品の壮大な物語を体感することができる。

 また、16年前に「鋼の錬金術師」の連載が始まった記念すべき日である7月12日には、映画『鋼の錬金術師』公開記念“ハガレン”ファンイベントが東京で開催。ロサンゼルス、パリをめぐるワールドツアーの締めくくりとなり、アニメ声優の朴路美(エドワード・エルリック役)、釘宮理恵(アルフォンス・エルリック役)、実写映画より本田翼(ウィンリィ・ロックベル役)、本郷奏多(エンヴィー役)、佐藤隆太(マース・ヒューズ役)、曽利文彦監督の登壇が決定しており、500人が特別招待される抽選応募(http://sqex.to/HgA)が行われる。

 「鋼の錬金術師」は、他界した母親を復活させるため、タブーとされる錬金術“人体錬成”を行ったエルリック兄弟が、代償として失ったものを取り戻すための旅に出る姿を描いた物語。(編集部・小山美咲)