遠隔操作で留守宅の子どもやペットの様子を見られる、スマホの「見守りアプリ」を悪用して、女子大生の部屋をのぞき見していた男が、ストーカー規制法違反などの容疑で逮捕された。「見守りアプリ」の悪用摘発は全国初だ。

8日(2017年6月)、愛知県警に逮捕されたのは、愛知県日進市の高梨真義容疑者(42)。今年(2017年)3月、女子大生(20)の自宅での様子を撮影、監視していた。調べに、「彼女の生活を生で見たかった」と言っているという。

自宅に侵入し古いスマホにセット

働いている飲食店に女子大生がアルバイトで入った。一方的に好意を持った高梨容疑者は、職場の更衣室で女子大生の鍵を盗み出して、自宅に複数回侵入。見つけた古いスマホに「見守りアプリ」をインストールして、先月初めに部屋が見えるようにセットした。

その際電池切れにならないよう、電源を接続していた。が、これが事件発覚につながった。電源につながったスマホを発見した女子大生が、スマホに残された画像を見ると、高梨容疑者が試し撮りをする姿が記録されていた。なんとも間抜けな話。

小倉智昭「お年寄りなんかを見守るのにいいアプリですよね」

リポーターの阿部悦子は、「それが本来の使い方。また、動きにも反応しますので、防犯カメラにもなる」

アプリの実力がどの程度のものかを、実際に確かめてみた。部屋にスマホをセットすると、別の部屋からの遠隔操作で、動画の撮影も自由にできる。画像も鮮明、音声もクリアだ。こんなもの使われたら、たまったものではない。

専門家は、こうした悪用を防ぐには、セキュリティロックをかけるか、他人には渡さないよう心がけるしかないという。これで俄然盛り上がった。

梅津弥英子「友人や恋人も」

小倉「家ではそこらに置いてるけど、危険なんだ」

夏野剛(慶應義塾大学大学院特別招聘教授)「便利の悪用が危険というのは、どんなテクノロジーでも同じだが、これはやりすぎ。単なるストーカーより重い罪にできないかと思う」

小倉「これはスマホだったが、カメラはなんだっていいんでしょう。ぬいぐるみにカメラをセットしたのとか」

小倉「アプリは何が入っているかはわかるけど、消すこともできる?」

夏野「アイコンが見えないように、ちっちゃくしちゃうことはできます」

笠井信輔「盗撮防止のために、カメラのシャッター音をつけたように、これも『見守りを始めます』という音声を推奨すればいい」

夏野「ガラケーではシャッター音を出したが、スマホではない。国際的には、そういうものは、自己責任の範疇という考え。国が決めるものじゃないと」

小倉「他人に渡さないと言われてもねぇ。マネージャーが、電話ですと持ってきても、ダメだ触るな!(笑)。身内にそんなこと言ったら、離婚話になっちゃう」