アドプリント「メニュー印刷」

株式会社アドプリントは、2017年6月から「メニュー印刷」をリニューアル。既存の「パウチ加工」商品に加え、「PP加工(両面マットPP)」や「PP加工(両面ツヤPP)」商品の取り扱いを新たに開始した。商品のリニューアルに伴い、過去に変更前の内容で注文した商品は再注文ができなくなっており、これまで「メニュー印刷」を利用していたユーザーも、再注文ではなく新規の注文が必要とされる点には要注意となっている。株式会社アドプリントの「メニュー印刷」は、飲食店のメニューや頻繁に使用する説明書、水気のある場所で用いる印刷物など、耐久性や耐水性が必要な印刷物に適した印刷商品だ。オンデマンド印刷商品であるため、少部数での作成に対応できることも特徴。別途に見積もりを取って注文する場合には、数量が多いときはオフセット印刷での制作にも対応する。これまでにも提供されていた「パウチ加工」商品は、スジ入れなしとスジ入れ1本のアイテムが引き続き提供され、対応サイズはA3 / B4 / A4判となった。新たに追加された「PP加工」商品では、スジ入れなし / スジ入れ1本 / スジ入れ2本(巻き三つ折り)/ スジ入れ2本(外三つ折り)/ スジ入れ3本(外四つ折り)/ スジ入れ3本(観音折り)と、多彩なバリエーションをラインナップ。用紙には、マットコート 180kg / 220kg / 258kgを選択でき、いずれの紙種でも両面マットPPか両面ツヤPPを選んで利用できる。これらの「PP加工商品」は、コーティング加工で表面の耐水性に優れている反面、断裁面(小口側)は水が染み込みやすくなる可能性もあることが特徴。一方の「パウチ加工」商品は、透明なフィルムによる挟むようなラミネート加工で色落ちや摩擦を防止するとともに、水分から印刷物を保護。印刷物のサイズから周囲に約3mm前後には透明なフチが付く。原則として、「パウチ加工」は10〜200枚(5枚単位)、「PP加工」は1〜100枚の注文に対応。株式会社アドプリント
URL:http://www.adprint.jp
2017/06/12
▷こちらもおすすめ

話題の回転おもちゃ「ハンドスピナー」を装着したiPhoneケースが続々登場

 

ドン・キホーテがPBで4Kテレビ最安値に挑戦!50V型を5万4800円で発売

 

示温インクを用いた「コカ・コーラ」の新パッケージが登場!冷やすと氷のイラストが浮かび上がる仕掛け