画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは6月12日、電子ペーパー腕時計「FES Watch U」を発売した。希望小売価格は、カラーがプレミアムブラックの「FES-WA1/B」が60,000円、シルバーの「FES-WA1/S」が46,000円、ホワイトの「FES-WA1/W」が46,000円。プレミアムブラックモデルは、風防に反射防止加工を施したサファイアガラスを採用している。

FES Watch Uは、ソニーの新規事業創出プログラムから生まれた「Fashion Entertainmentsプロジェクト」による製品。2016年8月から10月に、クラウドファンディング兼ECサイト「First Flight」にて資金調達を実施していたが、このたび正式に販売を開始した。

ボタンを操作することで、文字盤とベルトのデザインを切り替えられるのが特徴。12種類のデザインをプリセットするほか、専用のiOS・Androidアプリ「FES Closet」と連携することで、撮影した写真やスマホのライブラリにある画像を取り込み、オリジナルのデザインを作成できる。また、GASIUS、HOMEWORK、MIKITYPE、YOSHIROTTENなど、国内外のクリエイターとコラボしたデザインも無料でダウンロード可能だ。

期間限定のキャンペーン「TOKYO MONOCHROME (トーキョー モノクローム)」も実施。10人のクリエイターとコラボし、色彩にあふれた都市や日常を「モノクロ」で描写するという表現スタイルを提案するという。第1弾として、アートディレクターの井上嗣也氏、ファッションブランド「ANREALAGE」のデザイナーである森永邦彦氏、書道家の万美氏のオリジナルデザインが「FES Closet」で無料公開される。