ジェニファー・ローレンス、乗っていたプライベートジェットが緊急着陸

写真拡大

女優のジェニファー・ローレンスの乗っていたプライベートジェットが、現地時間10日に緊急着陸した。

ジェニファーはケンタッキー州ルイビルから飛行機に乗り、上空3万1000フィート(約9448メートル)のところでエンジン1基が故障。緊急着陸をしているところで、2基目のエンジンも故障したそうだ。飛行機は無事にニューヨーク州バッファローに着陸したという。飛行場には何台か緊急車両が待っていたそうだ。

ジェニファーはルイビルにいる家族に会いに行っていたとのこと。代理人はゴシップ誌「Usウィークリー」にジェニファーにはけががないと話している。