歌手のケイティ・ペリーが、不仲を噂されてきた歌手テイラー・スウィフトに謝罪した。

ケイティとテイラーは近年、犬猿の仲だと言われており、テイラーが2014年にリリースした「Bad Blood」はケイティのことだと噂されてきた。そして、先月、ケイティが新曲「Swish Swish」をリリースし、この曲がテイラーについての曲だと言われて、騒動に再び火がついた。ケイティはトーク番組「The Late Late Show with James Corden」でテイラーとの不仲について、「彼女が始めたのよ。彼女(自身)が終わらせる時が来たわ」とコメントし、自分のダンサー3人がテイラーのツアーに参加していたが、自分がツアーをする時に戻って来たことがすべての発端だと説明した。ケイティは「このくだらないことを終わらせる準備ができている」とテイラーとの関係を改善したい気持ちを明かしていた。

そして、ケイティは新アルバム「Witness」のプロモーションでライブ配信を行い、ポッドキャスト「The Thrive Global Podcast」でテイラーのことについて、「私は彼女を許していて、私がしてしまったことすべてに申し訳ないと思っているわ。彼女も同じだといいなと思っているの。本当にその時が来たと思っているわ。もっとやらなくてはいけない大事なことがあって、世界には本当の問題があるの。言っている意味分かるでしょ? 彼女を愛していて、彼女の幸運を祈っているわ。彼女は素晴らしいソングライターで、もし、私たち2人、彼女と私がお互いの違いにもかかわらず、一緒に強い女性を代表することができたら、世界が『そうだね、私たちもできる』って思うと思うの。分からない。もしかして、彼女がすることすべてに賛成できなくて、彼女が私のすることすべてに賛成できないかもしれないけれど、私は本当に愛、許し、理解、思いやりある場所で協力したいの」「世界には人々が集中するべきことがほかにたくさんあるわ。私は本当に、彼女と彼女の旅に神のご加護があることを願っているの。彼女に神のご加護がありますように。本当に」と語っている。

テイラーが終わらせるべきだと話していたケイティであったが、先に謝罪し、関係改善を心から望んでいるようである。果たしてテイラーはどんな対応をするだろうか。

不仲が噂されているケイティ・ペリーとテイラー・スウィフト (c)Imagecollect.