「素直じゃない」が逆にいい?男ウケする強がり発言・4つ

写真拡大



素直に「寂しい」「つらい」「怖い」と言える女性がモテると思っていませんか?実は男子は、強がる女子が大好物!多くの男子が、強がる言葉の向こう側に見え隠れするその女子の弱さにときめくよう。今回は、かわいいと思われる女子の強がり発言を5つご紹介します!

■「このくらいで傷付かないよ」

誰かにひどいことを言われたりされたりしたときに、「このくらいで傷付かないから大丈夫」と健気に前を向こうとするひと言。「私って傷付きやすいの…」と言われるよりも、彼にとってはずっと男心がくすぐられるよう。「無理しちゃって、俺の前では虚勢を張らなくてもいいのに」と彼はあなたを守ってあげたくなるでしょう。

■「泣いてないってば」

一緒に感動系の映画を見ているときや、悲しいことや嬉しいことがあったときなど、隣で明らかに泣いているのに「泣いてない」と言い張る女子。泣いてしまった恥ずかしさをはぐらかすためですが、それが逆に男ウケするよう。「どう見ても泣いてるじゃん」なんて、からかいたくなるんだとか。男子のS心に火をつけるようですね。

■「全然大丈夫」

寒い日に薄着をしているとき、お腹が空いているであろうとき、怖い話をしたときなど「大丈夫?」と聞く彼に「全然大丈夫!」と答えてみましょう。そのときに言葉とは裏腹に、足が震えていたり、お腹がぐぅと鳴ったりすると、彼の心がくすぐられます。無理して強がっているのにごまかしきれていない姿に、男性はときめくようですね。

■「私はいいの」

自分のことは後回しにして、他人を優先する姿勢がうかがえるひと言。自分を犠牲にして人に道をゆずる姿は、男子からとても好評です。「どうせ私なんかは後回しでいいの」など、自虐的にこのセリフを使うと面倒くさい女ととらえられてしまうのでNG。「君だってこれが欲しかったんじゃない?」などと聞かれたときに「いいのいいの!」と明るく笑って言うくらいが良さそうです。

■上手に弱さを見せて

男心をくすぐるポイントは「放っておけない」と思わせること。強がる女子を前に、「俺の前では弱さを見せていいんだよ」と思わせることができれば一流です。上手に弱さを見せて、モテる女性に近づいてくださいね。(tummy/ライター)

(ハウコレ編集部)