Photo: 武者良太
Sponsored by Dyson


綺麗で爽やかな風を部屋のなかに呼び込みませんか?

日本気象協会の発表によれば、全国的な猛暑が予想されている2017年日本の夏。せめて部屋の中だけでも涼しく過ごしたいものですよね。そう思って毎日エアコンのスイッチをON! でも、電気代は心配だし、「エアコンの風は苦手」なんて方もいるでしょう。

そこで取り出しましたるは「Dyson Pure Hot+Cool Link」。そう、羽根のない扇風機の最新モデルです。


1705-DSC_6326.jpg
Photo: 武者良太


「普通の扇風機やサーキュレーターでもいいんじゃないの?」と言われると、やっぱりDyson Pure Hot+Cool Linkを使うべきですよと言っちゃいましょう。


なぜならばAir Multiplier テクノロジーが作り出す風が快適だから!


1705-DSC_6361.jpg
Photo: 武者良太


モーター&インペラーが本体下部から吸った空気を、楕円状の上部パーツ送り込み、風を出していきます。このときの気流は薄いシート状で楕円状なのですが、中心部の空気圧が下がって本体の背面にある空気を巻き込んでいきます。また気流の流れに合わせて本体前面にある空気も誘引。結果的に本体下部から吸った空気の十数倍となる風を作り出すんです。コンパクトでも風量が多い理由が、コレコレ。


1705-DSC_6347.jpg
Photo: 武者良太


またブレードで空気を切っていくような扇風機の風質と違って、ムラなくスムーズでシームレスな風となるのもDyson Pure Hot+Cool Linkの特徴。サーキュレーターとして使う場合、短時間で冷気を循環させる目的にマッチした機能と性能を持っています。

扇風機と違って羽根がないことで、手入れも楽ちんです。本体を乾いた布か水を固く絞った布でそのまま拭くだけでOK。扇風機ってホコリたまっちゃうけど、見て見ぬふりしちゃうじゃないですか。だって分解するの面倒ですもの。

強い風に当たりたくないときは、ジェットフォーカステクノロジーによるワイドモードにするとグー。広い範囲に風を届ける機能ですが、中央部の風がマイルドになるので、直接身体に当てても快適ですよ。


部屋の空気を綺麗にしてくれる空気清浄機能つき


1705-DSC_6721.jpg
Photo: 武者良太


風の元となる空気(の一部)は本体下部から吸いますが、その部分の形状は全方位的メッシュ。360度どの方向にある空気もまんべんなく吸う設計になっています。

メッシュ部分をよくよく観察すると、白いプリーツが見えますね。これ、実はフィルターでした。Dyson Pure Hot+Cool Linkは空気中の花粉やウイルス(※1)、バクテリア、黄砂やPM 2.5などのヨゴレを除去できる空気清浄機能が備わっているんですよ。

その性能はぶっちゃけてグレイト! PM 0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去できます(※2)。そして、たばこの煙やアレル物質も取り除いてくれちゃう。すごい。他にも車の排気ガス、バクテリアのカビ、いやーなニオイもスマートにキャプチャです。


1705-DSC_6401.jpg
Photo: 武者良太


フィルター部分を見てみましょう。外周側にあるのがHEPAマイクログラスファイバーで、6.3メートルの長さのものを200回以上折って高密度のフィルターとしています。これが汚れた空気をクリーンにしてくれます。


1705-DSC_6413.jpg
Photo: 武者良太


そして内側にあるのが、2017年モデルで活性炭が3.3倍になった活性炭フィルタ-です。トリス緩衝液を浸透させることで、ニオイや、接着剤、塗料、防腐剤、建材などに使われるホルムアルデヒドなど、より有害なガスをキャプチャ(※3)できるようになりました。

なぜ普通の扇風機ではなく、エアコン+Dyson Pure Hot+Cool Linkがいいのか、という理由がココにあります。毎日綺麗に掃除をしていたとしても、床にはホコリや目に見えないゴミが積もってしまうもの。扇風機やサーキュレーターを使うと、そのゴミの数々を吹き飛ばして空気中に舞わせてしまいます。でもDyson Pure Hot+Cool Linkの空気清浄機能を使えば安心して空気を循環できるわけで。健康にもお役立ちなところ、見逃せないじゃないですか。


「Dyson Pure Hot+Cool Link」をコントロールできるスマートフォンアプリもすごい


1705-DSC_6732.jpg
Photo: 武者良太


空気の状態って目に見えないからわかりづらいですよね。特に外の空気の状態をつかむのは大変です。黄砂や花粉、PM2.5、夏の光化学スモッグなど、どれだけあるのかすぐには判断できません。しかしスマートフォンやタブレットで使用可能な「Dyson Link アプリ」は、各地域の空気の状態をリアルタイムで教えてくれるんですよ。空気が汚れているときは洗濯物をさける、窓を開け閉めする回数を減らすといった対策がとれるようになります。

もちろん室内の空気の状態も測って教えてくれます。「きれい」「やや汚れている」「汚れている」「とても汚れている」の4段階で表示してくれるので、見えない空気も一目瞭然。空気清浄機能目的で使うなら、アプリ内の家の中が「きれい」と表示されるまで使いつづければOK。カンタンすぎ!
また空気が汚れてきたら自動的に運転スタートするオートモードも使えますし、スケジュール機能も便利です。そうそう、前述したフィルターの寿命も一目瞭然でして。


1705-DSC_6709.jpg
Photo: 武者良太


使いやすくてスタイリッシュなリモコンも付属します。「Dyson Link アプリ」では、よりきめ細かにコントロールできるんですよね。Dyson Pure Hot+Cool Linkを導入するなら「Dyson Link アプリ」はインストール必須ですよ。


20170607gizmodo_dyson_1.jpg
Photo: 武者良太


コンパクトで使いやすいのもDyson Pure Hot+Cool Linkのいいところ。このように、机の下にも置けますよ。デスクワーク時にも頼れますよ。


1705-DSC_6423.jpg
Photo: 武者良太


エアコンの冷気を絶妙に和らげてくれるAir Multiplierテクノロジーと、綺麗な空気を作り出す高性能なダブルフィルター。自動運転が可能なスマートフォンアプリ。この3つが合わさったDyson Pure Hot+Cool Linkが作り出す風は、まさに春風。きんもちいいんです。

...と文章だけだと、その快適さが伝わらないですよね。


「Dyson Pure Hot+Cool Link」で涼しい春を二度三度


1705-DSC_6663.jpg
Photo: 武者良太


そこで取り出したのはアッシュコンセプトの「Leaf Thermometer」です。コレ、こう見えて温度計なんですよ。紙なのに。


20170601gizmodo_dyson_leaf_1.gif
Video: 佐々木崇(ギズモード・ジャパン編集部)


20〜25度の快適温度のときは鮮やかな緑色、暑くなると黄色に染まります。色の変化で温度を見ることができるんです。これを使ってタイムラプスなインスタレーションを作ってみましたよ。



さあ、Before、Afterの違いを写真でも確認してみましょう。


20170602gizmodo_dyson_before_2.jpg
Photo: 佐々木崇(ギズモード・ジャパン編集部)


日当たりがよく高密閉な近代的住宅だと、室内の気温が35度とかそれ以上になってしまうこともあります。人間、ガマンしてこそ粋だと汗をだらだらかいていると熱中症になってしまいがちです。この状態でエアコンをつけても、快適な室温になるまで時間がかかります。


1705-DSC_6656.jpg
Photo: 武者良太


でもDyson Pure Hot+Cool Linkを併用すると、室内の空気を上手に素早く循環して室温を効率よく下げてくれますよ。寝苦しいときも大丈夫。静音なナイトモードがありますから!


春よこい。「Dyson Pure Hot+Cool Link」でやってこい


1705-DSC_6480.jpg
Photo: 武者良太


ワイドモードでなら身体に当たる空気は柔らかく、全体の空気の温度がスーッと下がっていく。この優しい春風のような快適さ、一度知ってしまうともう手放せません。フォーカスモードによる春一番的な突風もまた気持ちいいんですけどね!


20170607gizmodo_dyson_3.jpg
Image: ダイソン


ちなみに心地よい春風を吹かせてくれるファンは、Dyson Pure Hot+Cool Linkだけにあらず。

ヒーター機能なしのよりシンプルな空気清浄機能付きファン、「Dyson Pure Cool Link タワーファン」、「Dyson Pure Cool Link テーブルファン」も、Dyson Pure Hot+Cool Linkと同じテクノロジーが採用されています。

毎日の暑さに負けないように、Dysonの空調家電とエアコンのコンボで、自宅に春を呼び寄せようじゃないですか。


Source: ダイソン,ダイソン公式オンラインストア
Photo: 武者良太
撮影協力:アッシュコンセプト


※1 試験機関:(一財)北里環境科学センター。試験方法:25m³の試験空間で日本電機工業会規格(JEM1467)の性能評価試験 にて実施。対象:浮遊したウイルス。試験機:HP03。試験結果:62分後に99%除去。 試験報告書:北生発2016_0301号

※2 欧州規格EN1822に準拠し第三者機関IBR(米国)が2016年8月に実施した、0.1µmの粒子を使い最大風量にて行ったフィルター試験結果

※3 (社)日本電機工業会規格(JEM1467)および中国標準規格(GB/ T18801)に準拠し、自社および第三者機関[Fraunhofer(ドイツ)、SGS(中国)]が実施したVOC(酢酸、アセトアルデヒド、ホルムアルデヒド、ベンゼン)の測定試験結果。試験での測定結果であって実使用空間での実証結果ではありません。上記以外の有害ガスについては確認していません


(武者良太)