スティーヴン・モイヤー

写真拡大

多くのTV・映画制作スタジオが密集しているロサンゼルスにて開催されたLAスクリーニング2017。本日は『This Is Us(原題)』、『アメリカン・ホラー・ストーリー』、『プリズン・ブレイク』などを手掛けるFOXから新作をご紹介していこう。

1.『The Resident』
"アメリカで3番目に多い死因は医療ミス"というショッキングな真実を突きつけられるメディカルドラマ。やる気に満ちている新人ドクターのプラヴェシュ(マニシュ・ダヤル『新ビバリーヒルズ青春白書』)は憧れていた著名執刀医のいる病院での研修をスタートさせるが、実際の医療現場は思い描いていた理想とはあまりにかけ離れたものだった...。

2.『The Orville』
『テッド』や『ファミリー・ガイ』を手掛けたことで知られるセス・マクファーレンが主演・脚本・製作総指揮を務める。舞台は300年後の地球。妻が異星人と不倫している現場を目撃してしまったエドだが、1年後、夢だった探索船Orvilleのキャプテンに任命される。個性的なメンバーとともに宇宙へ旅立つことになるが、別れて以来会っていなかった妻が副操縦士として乗り込んでくる。

3.『Ghosted』
何者かにさらわれた「地下局」のエージェントがその名を口にしていたことから、"不可解な現象"を調査することになった元警察官でシニカルな懐疑論者のルロワ(クレイグ・ロビンソン『ザ・オフィス』)と、妻が宇宙人にさらわれたと信じているマックス(アダム・スコット『ビッグ・リトル・ライズ』)。デコボココンビの二人が人類の存在を脅かすミステリーを追っていく。

4.『The Gifted』
『X-MEN』を題材とする実写シリーズ。ミュータントたちは政府に隠れ地下組織で暮らしているが、見つかるとその身柄を拘束されていた。一方、彼らを裁く仕事をしている地方検事のリード(スティーヴン・モイヤー『トゥルーブラッド』)と妻のケイト(エイミー・アッカー『パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』)は彼らの子どもたちが突然変異でミュータントの能力を手に入れていたことを知り、政府から追われる立場になってしまう。

5.『Snowfall』
1983年のロサンゼルス。一般の人々の間にコカインが流行り始め、社会に過激なインパクトを与えた1年をバックグラウンドが異なる3人を通して描く。『ボーイズ'ン・ザ・フッド』でアカデミー賞監督賞にノミネートされたジョン・シングルトンが製作総指揮に名を連ねている。

6.『LA to Vegas』
週末をラスベガスで過ごそうと金曜日の夜に様々な目的をもって飛行機に乗り込んでくる人たちと、個性的な航空会社のクルーたちに焦点を置いたコメディ。『モダン・ファミリー』のクリエイター、スティーヴン・レヴィタンが監督を務める。製作総指揮にはコメディ映画でお馴染みの俳優ウィル・フェレル&アダム・マッケイ(『俺たちニュースキャスター』、『俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-』)コンビも名を連ねている。

※タイトル、クレジットなどは変更になる場合あり。

作品の詳しい紹介はLAスクリーニング2017特集で公開予定。次回のニュースもお楽しみに!(海外ドラマNAVI)