BMW初のプラグインハイブリッド・ミニバン「225xeアクティブ ツアラー」改良型プロトタイプを初めてキャッチしました。

改良型では、LEDイカリング(通称・天使の目)が最新世代のスクエアデザインに変更され、キドニーグリルはワイドになり精悍な表情となっています。

プロトタイプのテールライトは現行モデルのままですが、発売時には新たなグラフィックに変更されると思われます。

室内では、iDriveインフォテインメントシステムとトリムがアップデートされ、ボディカラーも新色が登場しそうです。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ツインターボエンジンとeDriveテクノロジーを組み合わせたプラグインハイブリッドで、最高出力224ps、EV走行距離42.4kmのパフォーマンスのアップデートを期待したいところです。

この改良新型は、2017年内にも登場すると見られています。

(APOLLO)

「天使の目」鮮やかに。BMW 225xeアクティブ ツアラー改良型をキャッチ!(http://clicccar.com/2017/06/12/479960/)