GWが終わり、いよいよ夏本番が近づいてきました。夏といえば旅行! 夏にはボーナスが出る人も多いでしょうから、「ちょっと奮発して海外旅行を……」なんて、いそいそと計画している人も多いのではないでしょうか。
仕事柄、夏本番は忙しいからと夏休みをズラして少し早めにとるという人もいると思いますので、ちょっとだけ季節を先どりして海外旅行に行くときに“あると便利なアイテム”についてご紹介していくことにします。

1)栓抜き

海外のお酒はビンに入って出てくることも比較的多いのにもかかわらず、日本のように栓を開けて持ってきてくれないところもあります。「栓抜きをください!」と現地の言葉やジェスチャーで伝えられればいいのですが、たったそれだけのことがシャイな日本人にとってはかなりハードルが高かったりします。
海外旅行慣れしていない人は、コンパクトな栓抜きを持っていくといいと思いますよ。

2)ふたつめの財布

海外は、日本と比べてしまうと少なからず治安が悪いです。なので、もし万が一のことがあってもいいような対策をしておいたほうがいいといえます。
全財産をとられてしまっては、手のうちようがありません。カードを持っていればまだいいものの、それも持っていないとなるとパニックになってしまいます。海外旅行を安心して楽しむためにも、メインのお財布と予備のお財布はわけておくのが得策!

3)電子辞書

海外では、英和辞典や和英辞典があると便利です。英語は世界共通語なので、細かな表現以外であれば、たいていの場合通じます。ただ、普段から日常的に使っていないと基本的な単語や言い回しですら忘れてしまっていることもあります。英語を使い慣れていない、とっさのときに出てこないかもしれない――そんなときにも電子辞書があれば安心です。
携帯の翻訳アプリはオフラインでは使えないものも多いので、過信しすぎると「困った〜!」となることもあるので気をつけましょう。ちなみに、筆者はそれで失敗した経験ありです!

4)圧縮袋

そこまで高性能なものではなく、100円ショップの圧縮袋でもじゅうぶん。旅行先でお土産などを買うとスーツケースがパンパンになってしまい、すべての荷物を入れるのにけっこう苦労することもあります。夏服は冬服に比べるとかさばりませんが、あったほうがさらにかさばらなくなるので便利です!

パスポートのコピー・常備薬・クレジットカード・歯ブラシ・ナイトウェアなどは持っていくという人が多いと思います。ですので、今回は+αの部分についてのお話でした。皆さまが海外旅行をするうえで、このコラムがお役に立てば幸いです!