iOS11では、標準カメラアプリで対応したQRコード読み取り機能を使って、Wi-Fiルーターへの接続設定に必要なパスワードをQRコードから入力可能になります。

パスワード入力不要、QRコード読み取りでWi-Fi接続

既にお伝えしたように、iOS11は標準カメラアプリでQRコード読み取りに対応し、アプリの起動や指定したURLを開く動作が可能です。
 
QRコード読み取りは、Wi-Fiの接続設定にも利用可能で、長くて複雑なパスワードを手入力しなくても、iPhoneのカメラで読み取って接続設定が可能となります。
 
Wi-Fiルーターのパスワード情報を含むQRコードを読み取るとバナー通知が出て、バナーをタップするとネットワーク接続の画面に移動し、設定を開始できます。

友達とWi-Fi接続を共有できる機能も

iOS11では、家に遊びに来た友達にWi-Fiのパスワードを送り、Wi-Fi接続を簡単に共有できる機能や、Wi-Fiへの自動接続をネットワークごとに設定可能になるなどの100以上の新機能が追加されています。

 
 
Source:Reddit via 9to5Mac
(hato)