ふわふわの身、独特の香り、ご飯によく合う甘辛いたれ。うなぎの蒲焼って、高いけどおいしいですよね。ですが、近年はうなぎの漁獲高自体が激減しており、絶滅さえも叫ばれるような状況(今年は漁獲高がちょっと回復したというニュースもありましたが)。今後はますます、気軽に食べられなくなりそう……。そんな中、代用魚であの味わいを再現できないかと、いろんな人たちが商品開発を行っています。近畿大学の「うなぎ味のなまず」もその一例でした。

そして今年、スーパーマーケットチェーンのイオングループが『トップバリュ 白身魚のふっくら蒲焼』なるものを全国展開で投入。「パンガシウス」というナマズの仲間を使ったこの商品です。

「うなぎの資源枯渇が問題となるなかで、 “蒲焼”という日本ならではの魚料理をもっと身近に楽しんでいただこうと、1年半以上開発に取り組んだ商品です」(同社プレスリリースより)

やはりうなぎを意識した商品ではある模様。はたしてうなぎの蒲焼の代わりになりうるのでしょうか?

イオン『トップバリュ 白身魚のふっくら蒲焼』645円(税込)

こちらがパッケージ。半身が一切れ入っています。ていうか、うなぎの蒲焼とは見た目がまったく違って、身が厚くてどーんと大きいですね!

ラベルを拡大してみました。「ベトナム産のパンガシウス」であることや、「責任ある養殖により生産された水産物 asc認証」などのイオンの取り組みが書かれています。


ちなみに、切り身になったバージョン『トップバリュ 切れている白身魚のふっくら蒲焼』もあります。お値段は同じく645円(税込)。

原材料は?

ラベルの原材料をチェック。使用されている「パンガシウス」はナマズの仲間で、これまでにも『トップバリュ 骨取り白身魚』として販売されてきた実績があります。その後にタレの材料が並んでいますが、気になるのは「オリーブ油」の文字。プレスリリースによると、『トップバリュ 白身魚のふっくら蒲焼』の調理方法は、

加熱蒸気でふっくらと蒸し上げて、オリーブオイルで皮面を香ばしく焼き上げることで“蒲焼”の食感と香りを実現しました。さらに、パンガシウスに合わせたイオンオリジナルのタレも開発し、味わいを深めました。

とのこと。これは意外な工夫でしたね。

【原材料名】パンガシウス(ベトナム産)、たれ(ブドウ糖果糖液糖、しょうゆ、砂糖、発酵調味料、水飴、食塩、醸造酢、みりん、食用油脂、酵母エキス、生姜)、オリーブ油、食塩、(その他、小麦由来原材料を含む)、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、酒精、着色料(カラメル、紅麹)

半身一切れでどれ位の重さなのか? 量ってみたところ、240gほどでした。

いざ試食! そのお味は!?

パッケージから取り出してアルミホイルに包み、オーブンで温めたら、ご飯にのせていただきます!

背の部分が肉厚で、ふわふわというよりは、わりとしっかりした歯ごたえでした。身は味にクセがなく、たれが素直にからんでくれます。小骨が取り除かれており、皮が箸で簡単に裂けるくらい柔らかいので、非常に食べやすいです。たれは、辛さがおさえめで、甘さもしつこくなく、好感度の高い仕上がり。ご飯との相性もバッチリです。

腹身の部分が特にすごかった。プルプルのゼラチン質で、口の中に入れると、あっという間に溶けていってしまいました。

というわけで、『トップバリュ 白身魚のふっくら蒲焼』は、非常においしく食べられる出来栄えでした! が、うなぎの蒲焼の代替になるかと問われれば……ちょっと厳しいですね〜。うなぎ特有のクセがありませんし、身の食感も違いますので。

それでも、単体で評価するなら「おいしい蒲焼」であることは確か。そもそも、いままでパンガシウスという白身魚をまったく把握していませんでしたが、これはアリですね。今後は、積極的に選択肢として加えたいと思います!

<参考リンク>
TOPVALUでのパンガシウスの解説