<フェデックス・セントジュードクラシック 最終日◇11日◇TPCサウスウインド(7,244ヤード・パー70)>
米国男子ツアー「フェデックス・セントジュードクラシック」は最終ラウンドを行い、4つスコアを伸ばし、トータル10アンダーとしたダニエル・バーガー(米国)が逆転で大会2連覇を達成した。バーガーは1番でチップインパーを拾うなどこの日ノーボギーで、伸び悩んだ上位をしり目に3打差を鮮やかに逆転した。1打差の2位タイにはチャール・シュワーツェル(南ア)とキム・ミンフィ(韓国)が入っている。
【関連動画】名手カブレラ・ベロが絶妙チップインバーディ!
トータル8アンダー4位タイにはビリー・ホーシェル、チェズ・リアビ、ケビン・チャペル、アマチュアのブラデン・ソーンベリー(いずれも米国)、ラファ・カブレラ・ベロ(スペイン)が入った。トータル7アンダー単独9位にはフィル・ミケルソン(米国)、アダム・スコット(オーストラリア)はトータル6アンダーで10位タイとなっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終日のリーダーボードはこちら
“藍ちゃんフィーバー”が終幕!最終日LIVEフォトはこちら!
全米オープン 松山英樹はリッキー・ファウラー、ジョン・ラームと同組
石川遼、全米オープン出場権獲得ならず 米国予選会
目指せ300ヤード!アマチュアが最長不倒をマークするには?