この機会に、我が家のレコード資産をデジタル化しようかな。

最近のアナログレコードブームで、廉価な製品から有名メーカーの新モデルまで続々と新製品投入が続く「アナログレコードプレイヤー」。このたびティアックからは、レトロな外観ながらUSB出力を可能にした新モデル『TN-100』が登場しました。実勢価格は2万1380円で、2017年7月下旬の発売予定となっています。

MM型カートリッジ採用で高音質再生に期待





再生音質に力が入れられているこのレコードプレイヤー。カートリッジには廉価な製品で一般的なセラミック式カートリッジではなく「MM(Moving Magnet)型カートリッジ」を採用し、高音質フォノイコライザーアンプと組み合わされています。出力端子はRCAピンジャックを備え、ライン出力とフォノ出力の切り替えが可能。ターンテーブルの駆動方式はDCモーターによるベルトドライブ式となっており、安定したレコード再生が可能とされています。

キャビネットはチェリーウッド調の高密度MDF。高い剛性を実現し、ラバー製インシュレーターと相まって不要な振動を抑制してくれるとのこと。

USB出力だけでなく、再生機能も充実





前述の通りこのターンテーブルは、USB出力に対応するのもポイント。PCとUSBで接続し、再生したレコードの音を録音可能です(PCM形式48kHz/16bitが上限)。自宅にあるアナログレコードをデジタル化して保存したい時、この機能が活躍するでしょう。

33 1/3回転、45回転、78回転に対応するので、EP盤やLP盤、SP盤を再生可能。またレコードの再生後にトーンアームが自動で戻るオートリターン機能も搭載します。

文/塚本直樹

関連サイト



『TN-100』製品情報ページ

『TN-100』プレスリリース